税理士ドットコム - [白色申告]個人事業主で給与所得がある場合の扶養申請について - 所得の合計額が38万円以下であれば、税金上の扶養...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 白色申告
  4. 個人事業主で給与所得がある場合の扶養申請について

個人事業主で給与所得がある場合の扶養申請について

こちらで相談できる内容かわからないのですが、わかる範囲でお答え頂けたら幸いです。私は現在個人事業主として活動しており、確定申告しておりますが大学で非常勤講師としても給与を得ており、白色で申告しています。この条件で配偶者の扶養には入れるのでしょうか?講師の給与が月110000円になるのですが、事業の方が毎年大赤字で総所得では30万以下になります。配偶者は東京都の公務員です。

税理士の回答

相談者様の合計所得金額(損益通算後)が30万円であれば、38万円以下ですのでご主人の扶養内になると思います。
1.給与所得
収入金額-給与所得控除額=給与所得金額
2.事業所得
収入金額-経費=事業所得金額
3.1+2=合計所得金額

早速のご回答ありがとうございます。度々質問してしまい申し訳ございませんが、扶養申請する際に、昨年度の確定申告を提出していますが、今年度から講師として給与を得ており、その雇用契約書も提出しました。それでも見込みでは35万以下になるのですが、給与所得のみを判断されたのか申請が通りませんでした。その場合は会社の判断が間違えているということで大丈夫でしょうか?

本投稿は、2019年10月09日 17時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

白色申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,239
直近30日 相談数
1,312
直近30日 税理士回答数
2,236