税理士ドットコム - [配偶者控除]旦那が自営業の場合、パートだと103万の収入など、扶養に関して気をつける事はありますか? - こんにちは。税金のことと社会保険のことと、2つ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 旦那が自営業の場合、パートだと103万の収入など、扶養に関して気をつける事はありますか?

旦那が自営業の場合、パートだと103万の収入など、扶養に関して気をつける事はありますか?

旦那が建築の自営業をしているのですが、私はパートの仕事を始めました。
今、どのくらいの割合の時間で仕事をしようか迷っています。
以前は、自営業には扶養内などは関係ないと思っていたのですが、関係あると聞いて、不安になりメールさせて頂きました。

自営業でも、扶養内の収入など、気をつけないといけないことはありますか?
週に26時間を超えると、厚生年金などがあると聞きました。
そのへんを詳しく教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

こんにちは。

税金のことと社会保険のことと、2つの話題に大別できます。

税金については、ご主人が会社員でも個人事業主でも同じです。
ご質問者さまが(従来)パート年収103万円を超えてしまったら、
ご主人の確定申告上、配偶者控除を受けられなくなります。
なお、今年分からはパート年収103万円が150万円になりました。
(パート年収103~150万円は配偶者特別控除が満額)

ご自身の税金は従来どおり年収103万円(住民税は100万円など)を
超えると税金が発生します。

一方、社会保険は少し難しいです。
もしパート先の社会保険(会社の健保と厚生年金)に加入すれば、
保険料が給与から天引きされます。
手取りが減ってしまうおそれがあります。
パート先によって加入条件が異なりますのでご確認ください。

反対にパート先の社会保険に加入しなくてすんだ場合でも、
ご質問者さま分の国民健康保険料が発生するでしょう。
(非課税の対象者でなくなる)

なお、ご主人が建築業ということなので、もしかしたら、
国民健康保険でなくて、土建組合なんかかもしれませんね。
そうするとちょっとちがうかもしれません。

パート先の社会保険に入らないようにセーブするか、
あるいは社会保険に入るんだったら年収200万円くらい働くの
どちらかがよいらしいです。

本投稿は、2018年05月12日 15時14分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,016
直近30日 相談数
1,095
直近30日 税理士回答数
2,158