税理士ドットコム - [配偶者控除]確定申告あと1日です。業務委託とアルバイトについて - 確定申告をする場合には、20万円以下の業務委託分...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 確定申告あと1日です。業務委託とアルバイトについて

配偶者控除

 投稿

確定申告あと1日です。業務委託とアルバイトについて

早期に解決していただきたく、2どめの投稿です。


昨年私は3月に退職し、その後業務委託契約をかわした仕事とアルバイトをしていました。

夫の会社に年末調整の際に私の退職した職場の源泉徴収票、業務委託の明細、アルバイトの明細をその時点でいただいていた分提出しました。
110万円ほどだったので、配偶者特別控除になりました。

そして、私は100万円を越えると確定申告が必要と知り、この度確定申告をしたのですが、調べると業務委託や副業は20万円以下なら申告の必要はないと分かり、源泉徴収もされていないので、アルバイトと退職した職場の分だけ確定申告しました。

ですが、夫の年末調整には3つの職場の明細を出しているので、確定申告に業務委託の分もしなければいけなかったのかな?
と少々心配しております。

このままだと脱税になったりして、夫に迷惑がかかるのではと心配で眠れません。

以下に収入を記載します。

退職した職場 88万円
アルバイト  20万円
業務委託  3万9千円(交通費は自費でした。なので実質3万円を切ります。)

よろしくお願いします

税理士の回答

確定申告をする場合には、20万円以下の業務委託分も含めて、確定申告する事になります。
期限内(3月15日)であれば、訂正申告ができます。
給与所得者で確定申告をしない場合には、他の所得が20万円以下は確定申告は不要になります。

ありがとうございます。
ちなみに、業務委託の分は源泉徴収などないのですが...どうすればよいですか?

あと、私はアルバイトとのかけもちでどちらかというと、アルバイトが主ですがそちらは給与所得には入らないのですか?

税金の計算は、38万円を超えると配偶者控除が適用されませんが、代わりに配偶者特別控除が適用されます。
ご質問者の場合、仮に、配偶者控除が適用されなくても、同額の配偶者特別控除の適用があると考えます。
特に問題はないと考えます。

ありがとうございます。
では、今回、夫にも迷惑はかからないし、私も確定申告の訂正は必要ないとゆうことでよかったですか?
業務委託も20万円以下なので、確定申告はアルバイトと退職した職場の分だけにしました。
ありがとうございました。

本投稿は、2019年03月14日 09時40分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,985
直近30日 相談数
1,535
直近30日 税理士回答数
2,318