税理士ドットコム - [扶養控除]親の扶養103万から結婚したら夫の扶養130万まであげれるのか - 扶養は、12/31時点で判断します。来月結婚されるの...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 親の扶養103万から結婚したら夫の扶養130万まであげれるのか

親の扶養103万から結婚したら夫の扶養130万まであげれるのか

親の扶養にはいっていて103万までしか稼げないのですが、来月で103万を超えてしまいそうです。結婚をひかえていて入籍を考えているのですが、その際、旦那の扶養に以降すれば、今年は103万過ぎていても親の税金が上がることはありませんか?親の扶養ですと、103万すぎると、お金がとられてしまいます。その状態を避けたいです。

税理士の回答

扶養は、12/31時点で判断します。
来月結婚されるのであれば、
今年の所得税・住民税の計算は、親御様からの扶養からは外れ、
配偶者の方の扶養に入ることになります。

また、収入は1/1~12/31までの合計で計算します。

回答します
 
 年間103万円の収入が給与所得という前提で説明いたします。
 
 年間103万円以下の給与収入の場合、所得金額が48万円以下になります。
 税務上の扶養は、合計所得金額が48万円以下の場合該当します。給与所得の収入103万円というのはその目安になります。
 130万円というのは、社会保険料の扶養に基準となりますので、この関係は社会労務士先生のお仕事の範疇になるため、申し訳ございません。

 貴女の収入が103万円を超えた場合やご結婚されご主人の扶養に入られた時には、親御様の扶養から外れるために親御様の納税額は増えることになります。(ご主人と親御さんが同居する場合は、御結婚後も親御さんの扶養になり得ます)

 なお、ご主人の扶養(配偶者控除)も給与所得の収入103万円を超えた時には外れます。ただし、配偶者の場合は「配偶者特別控除」という別の控除があります。
 配偶者控除及び配偶者特別控除の額は、ご主人の収入にもよってその控除額が変わります。
 
 
 

本投稿は、2020年09月03日 16時57分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

扶養控除に関する相談一覧

分野

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
85,144
直近30日 相談数
1,352
直近30日 税理士回答数
2,344