[確定申告]国民健康保険料の改定について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 国民健康保険料の改定について

国民健康保険料の改定について

私は現在、精神障害2級で現在も就労支援A型で訓練をしながら給与と不動産所得、障害保険で生活しています。毎年確定申告をしていますが、平成25年は給与所得が271,742円、不動産所得が修理等がありマイナス357,569円であったので国民健康保険料が家族3名で約1万5千円でした。その当時は障害年金は受けていませんでした。平成26年の給与所得が426,548円不動産所得が1,622,783円ですが、実情は不動産の所得はローンの返済や固定資産税の支払い等で月約6万円です。生活は給与の約6万円と不動産所得の約6万円、障害年金の7万円の合計約19万円で補っていますが、今年の7月から国民健康保険料が3万2千円と2倍近くに上がっています。市役所の国民健康保険課に問合わせたところ、不動産所得が1,622,783円となっでいるのでこの金額を徴収するとのことですが、国民健康保険料の賦課とはこのようなものなのでしょうか教えて頂けないでしょうか。

税理士の回答

私の分かる範囲で記載させて頂きます
参考になれば幸いです

ご質問の国保の保険料算定についてですが、算定方法は各市町村が独自に定めていますので、お住まいの市町村のホームページ等で算定方法を確認頂ければと思います。

ただ、多くは、前年の所得に一定額(基礎控除額×人数等)を差引いた金額に保険料率を掛けた所得割と定額の世帯割及び人数割りの3種類の算定金額を合算した金額としているようです。

したがって、所得が一定額を超えだすと急に保険料が多くなるのも事実ですので、ご質問のケースもそのような事ではないでしょうか。

尚、少し気になるのが
「実情は不動産の所得はローンの返済や固定資産税の支払い等で月約6万円です。」
なのですが。
不動産所得の計算では、その収入に係る不動産の固定資産税は必要経費となります。
また、建物等の取得価額については減価償却により必要経費に算入することができます。
その場合、減価償却費とローンの返済金額が釣り合っていれば、不動産所得の金額と実際の手取金額には大きな隔たりはない事となります(土地の取得がローンで有れば別ですが)。
さらに、青色申告による特典もありますので・・・・

貴方の詳しい状況が分かりませんので、参考になるかどうか分かりませんが、記載させて頂きました。

返事を遅れてすみませんでした。固定資産税が必要経費になることをはじめて知りました。ありがとうございました。

本投稿は、2015年08月06日 18時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 国民健康保険の減額について

    今回、確定申告で所得が110万円だったので、国民健康保険料の減額手続きをしました。市役所の人も減額に該当するとのことでした。来年もおそらく所得は、110万円程度...
    税理士回答数:  1
    2016年01月19日 投稿
  • 妻の国民健康保険料

    年金受給者です。 確定申告に当たり、社会保険料には妻が支払っている社会保険料も含めてもよいのでしょうか?よろしくお願いいたします。
    税理士回答数:  2
    2016年02月22日 投稿
  • 精神障害者の確定申告について

    私は精神障碍者福祉手帳2級所持者ですが、知り合いに聞いたことですが、私の場合確定申告では障害者控除で27万円あるということですが、本当でしょうか。教えて頂ければ...
    税理士回答数:  1
    2015年08月24日 投稿
  • 国民健康保険の年末調整について

    国民健康保険の支払いが何年か滞ってしまい、今年のはじめに給料を差し押さえられてしまいました。 本日まで毎月給料から保険料の差し押さえ支払い分として天引きされて...
    税理士回答数:  1
    2014年11月12日 投稿
  • 国民健康保険について

    母親が何年度分も滞納した国保を分納しています。代わりに払った分滞納の分納しているぶんでも控除できるのですか? 過去の分はどうなるのですか? また一年分は1/...
    税理士回答数:  1
    2015年06月08日 投稿

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,985
直近30日 相談数
1,127
直近30日 税理士回答数
2,208