税理士ドットコム - 2箇所からの収入があり、1箇所では納税。もう1箇所を加えての確定申告です。よろしくお願いします。 - > 2箇所からの収入があり、1箇所では納税。もう1箇...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 2箇所からの収入があり、1箇所では納税。もう1箇所を加えての確定申告です。よろしくお願いします。

2箇所からの収入があり、1箇所では納税。もう1箇所を加えての確定申告です。よろしくお願いします。

こんばんは。家計の足しにするために、会社での本業とは別にアルバイトをしております。会社では所得税・住民税とも源泉徴収されていますが、アルバイト先の給与は「週払い」で税金の支払いがされていません。市役所の税務課に相談すると、両方の所得を合算して申告するよう言われました。e-taxで源泉徴収票どおりに入力すると6万円の納付と出ました。本業は670万円の所得で控除後は約490万円。アルバイトの収入は67万円。本業ではちゃんと税金を納めているのに、年間67万円の収入が別収入で、6万円を納めることに合点がゆきません。どうなっているのでしょうか。

税理士の回答

2箇所からの収入があり、1箇所では納税。もう1箇所を加えての確定申告です。よろしくお願いします。

こんばんは。家計の足しにするために、会社での本業とは別にアルバイトをしております。会社では所得税・住民税とも源泉徴収されていますが、アルバイト先の給与は「週払い」で税金の支払いがされていません。市役所の税務課に相談すると、両方の所得を合算して申告するよう言われました。e-taxで源泉徴収票どおりに入力すると6万円の納付と出ました。本業は670万円の所得で控除後は約490万円。アルバイトの収入は67万円。本業ではちゃんと税金を納めているのに、年間67万円の収入が別収入で、6万円を納めることに合点がゆきません。どうなっているのでしょうか。



私の分かる範囲で記載させて頂きます
参考になれば幸いです

ご質問の給与所得の場合の所得税額の計算方法は

給与収入 - 給与所得控除 =給与所得金額
給与所得金額 - 所得控除 =課税所得金額 × 所得税率 =所得税額

となります。
ご質問のケースの場合、本業の年末調整で上記の計算により、所得税額を計算している事となります。
アルバイトの給与を上記の給与収入に合算して計算しても、所得控除などは既に本業の計算の時に控除を受けていますので、それ以上控除額が増えるものが有りません。

従って
アルバイトの収入67万円 - それに係る給与所得控除(10%)=約61万円分
が、そのまま課税所得金額を増やす事となり、所得税率が10%であれば、増える税金はその10%の約6万円となります。

本来はアルバイトの給与からも所得税が差引かれていないといけません、そうであれば、ここまでの追加はなかったと思います(結果負担する税額は同じですが)

尚、質問の理解が間違っていましたらご容赦ください。
では、参考までに

岡谷様、ありがとうございました。アルバイト先からの収入は週払いで、これでは税金が差し引かれないそうです。月払いにすると所得税が差し引かれると聞きました。今後は月払いにしてもらいます。高いと感じる税金ですが、国民の義務ですものね。お納めしてきます。

本投稿は、2016年02月09日 22時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,428
直近30日 相談数
1,219
直近30日 税理士回答数
2,193