会社員の確定申告の概算について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 会社員の確定申告の概算について
Amazonギフト券 5000円分 プレゼントキャンペーン実施中!

会社員の確定申告の概算について

会社員で給与所得が300万、
海外のバイナリーオプションの利益が110万です。

納税額はどのくらいになりますでしょうか?

税理士の回答

納税額は、以下の様になります。
1.給与所得
収入金額300万円-給与所得控除額98万円=給与所得金額202万円
2.雑所得
収入金額110万円-経費=雑所得金額110万円
3.1+2=合計所得金額312万円
4.所得税
312万円-基礎控除額48万円=課税所得金額264万円
264万円x10%-97,500円=166,500円
166,500円+3,496円(復興税2.1%)=169,900円
169,900円-給与所得のかかる源泉徴収税額=納付税額
5.住民税
312万円-基礎控除額43万円=課税所得金額269万円
269万円x10%(定率)=269,000円
269,000円(所得割)+5,000円(均等割)=274,000円

ご回答ありがとうございます。

この計算だと納税額は
169,990+269,000=438,990
でしょうか?

納税額は、所得税169,900円+274,000円=443,900円になります。

ご回答と訂正ありがとうございます。

こちらに加え、下記を申告すれば
もう少し納税額が下がるという認識で間違いないでしょうか?

・ふるさと納税
・生命保険の控除


本投稿は、2020年11月22日 20時26分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
54,047
直近30日 相談数
1,637
直近30日 税理士回答数
2,736