税理士ドットコム - [確定申告]特定源泉なし、配当は総合課税×20万以下譲渡益は住民税申告のみはできるか? - 給与所得者(給与年収2,000万円以下の年末調整対象...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 特定源泉なし、配当は総合課税×20万以下譲渡益は住民税申告のみはできるか?

特定源泉なし、配当は総合課税×20万以下譲渡益は住民税申告のみはできるか?

給与所得1箇所のみで上場株の配当&譲渡益(給与所得以外は20万円以下)の場合、配当の総合課税と譲渡益の所得税申告省略で住民税申告が併用できるでしょうか?配当金を総合課税申告の際の譲渡益(簡易口座分)の申告方法を教えていただけると幸いです。簡易口座(特定、源泉なし)を保有のサラリーマンです。今年度の確定申告で、上場株の配当金のみを総合課税として申告し、既に還付振込がありました。(20万円以下省略を根拠に、譲渡益は確定申告しませんでした。)また、住民票がある市民税課には譲渡益を申告しました。数日前に市民税課から着信履歴がありました。思い当たる節は20万円以下省略の規定が確定申告をする場合には適用できない制度だったか、記入ミスがあったかくらいしか思い当たりません。
私の状況はまとめると、以下です。
・給与所得の課税価格(年末調整済み)¥250万円前後→確定申告で総合課税
・A口座+B口座の上場株の譲渡益¥7900円程→住民税のみ市民税課に申告
・A口座の上場株の配当¥12000円→確定申告で総合課税
エイヤで確定申告した軽率な行動に今となっては反省しております。また、無料相談の掲示板で恐縮です。

税理士の回答

給与所得者(給与年収2,000万円以下の年末調整対象者に限る)で給与所得以外の所得金額の合計額が20万円以下の場合に該当するときは、所得税においては(確定)申告不要とすることができますが、住民税においては申告しなければなりません。
確定申告自体しているならば、20万円どうのこうの関係なく申告しなくてはいけないものは申告します。

つまり、20万円以下規定は確定申告を要しない場合について規定しているものであり、確定申告を行う場合にも、この20万円以下の所得を申告しなくてもよいという規定ではありません。

中島先生、早速のご回答ありがとうございます。方法1、確定申告で配当金は総合課税で、譲渡益は分離課税申告で申告する。方法2、譲渡益も配当も、確定申告・住民税申告どちらもしない。2つのうちいずれかだったのですね。確定申告で総合課税を選択してしまった以上、前者で申告分離課税の税務所に修正申告が必要なケースですかね。

特定口座(源泉あり)の場合、譲渡益は申告不要を選べます。しかし、特定口座(源泉なし)の場合、原則、譲渡益は申告必要です。
ですから、方法2は選択できず、方法1(この場合も配当については住民税で申告不要を選択したほうがトクです)あるいは、(20万円以下規定により)確定申告をせずに、住民税で譲渡益分を申告するかの選択だったと思います。
連休明けに、早めに所轄の税務署に相談に行かれたらよろしいかと思われます。

本投稿は、2021年05月04日 20時13分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
64,098
直近30日 相談数
1,411
直近30日 税理士回答数
2,551