税理士ドットコム - [確定申告]会社員の副業 事業所得か雑所得かについて - 給与所得が本業で、開業届の提出がされていなけれ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 会社員の副業 事業所得か雑所得かについて

会社員の副業 事業所得か雑所得かについて

現在、会社員をしており年間700〜1000万円程度の収入があります(歩合比率が高いので振れ幅があります)。

副業として、宅建資格を活かした不動産情報の紹介等をおこなっております。
不動産仲介業(紹介含め)のため、完全成功報酬となり多いときは1度に1000万円程度の報酬を受け取る場合もあります。ただし1年を通して報酬ゼロの場合もあります。

この、報酬が発生した場合、事業所得で申告でよろしいのでしょうか。
また青色申告や開業届をした場合、会社にバレることはないでしょうか。

継続してご相談させていただける税理士さんがいらっしゃれば幸いです。

よろしくお願いします。

税理士の回答

給与所得が本業で、開業届の提出がされていなければ、雑所得になると思います。開業届、青色申告承認申請書の提出をされても、会社にバレることはないです。なお、確定申告の時に、副業の所得が給与所得以外であれば、副業の所得の住民税の納付を自分で納付(普通徴収)を選択できます。そのため副業の情報が会社に漏れません。

ご返信ありがとうございます。非常に参考になりました。ちなみにこのような副業内容での開業、青色申告承認?はしていただけるのでしょうか。また、受理承認された場合は、報酬発生の際すべて事業所得として申告でよろしいでしょうか?

大変、初歩的な質問で恐縮ですがご教示いただけるとありがたいです。

本業が給与所得であれば、副業は雑所得になります。この場合は、開業届の提出は難しいと思います。開業届の提出には、原則として事業の継続性、事業的規模等の条件が必要になります。一度、所轄の税務署に確認をされた方が良いと思います。開業届の提出ができれば、雑所得ではなく事業所得での申告になります。

本投稿は、2021年06月11日 10時18分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
65,700
直近30日 相談数
1,454
直近30日 税理士回答数
2,462