税理士ドットコム - [贈与税]父が相続税精算課税で母が暦年課税の場合母から110万円までの贈与は非課税なんでしょうか? - 税理士の及川と申します。よろしくお願いいたしま...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 父が相続税精算課税で母が暦年課税の場合母から110万円までの贈与は非課税なんでしょうか?

父が相続税精算課税で母が暦年課税の場合母から110万円までの贈与は非課税なんでしょうか?

2001年に父親を相続税精算課税の対象にしました。
母親は暦年課税のままなんですが、母から110万円までの贈与を受けた場合は非課税なんでしょうか?
例えば今年父親から相続税精算課税で500万円贈与、母親から暦年課税で100万贈与の場合って贈与税はかからないのでしょうか?
相続税精算課税にすると贈与税非課税枠の110万円がなくなると聞いたのですが、父親を相続税精算課税の対象にした時点で母親からもらう贈与税非課税枠の110万円もなくなるのでしょうか?
それとも父親からの贈与税非課税枠の110万円がなくなるだけで、母親からの贈与税非課税枠の110万円は有効なんでしょうか?
よろしくお願いします。

税理士の回答

税理士の及川と申します。
よろしくお願いいたします。

相続時精算課税は「贈与者」単位で適用となるものです。
あなたの場合は、お父様についてのみ相続時精算課税を選択されたのでしょうから、お母さまからの贈与は暦年課税のままです。従ってお父様からの贈与以外の贈与は、合計年間110万円までは贈与税が課税されません。
「相続税精算課税にすると贈与税非課税枠の110万円がなくなる」のはお父様についてだけです。

本投稿は、2015年11月16日 17時57分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,704
直近30日 相談数
1,071
直近30日 税理士回答数
2,129