税理士ドットコム - 夫から妻の口座へ入金し、投資信託や保険の積み立てをした場合、贈与税の対象になりますか? - ①②夫が妻名義の口座に入金しそれを生活費等以外の...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 夫から妻の口座へ入金し、投資信託や保険の積み立てをした場合、贈与税の対象になりますか?

夫から妻の口座へ入金し、投資信託や保険の積み立てをした場合、贈与税の対象になりますか?

今年から専業主婦になりました。
共働きだった時、妻証券口座から5万の投資信託を積み立ててまいりました。また、月に3万のドル建終身保険(名義人:妻、受取人:夫)を妻給与口座から引き落としていました。

①今後、夫の給与5万円を妻口座に送金し、妻の証券口座で投資信託5万の積み立てを行った場合、贈与税の計算の対象になりますか?夫婦の認識では将来のマイホーム資金や子どもの教育費に充てるつもりでおり、贈与の認識はありません。

②夫の給与3万円を妻口座に送金し、妻の保険を支払った場合、贈与税の計算の対象になりますか?


*年110万円以内であれば贈与税の対象にならないことは把握しております。あくまで上記が贈与の対象と認識されるのかを知りたいです。

宜しくお願い致します。

税理士の回答

①②夫が妻名義の口座に入金しそれを生活費等以外の、妻名義の投資信託や生命保険の保険料に充てれば贈与になります。
将来、投資信託を何に使用するかは無関係です。
妻が専業主婦になったことで夫がこれらの負担をすることを双方で認識するわけですから、贈与の認識があることになりますよね。

中田先生
ご回答ありがとうございます。
恐れ入りますが、再度ご質問させていただきたいです。

①積立投資(5万)+保険料(約3万)を毎月贈与される場合、年間約96万の贈与となります。✳︎保険料は為替の関係で毎月変わります。
また、その他に生活費として夫から年間120万(月10万)もらう予定です。これは毎月ほぼ使いきります。
この場合、積立投資+保険料分のみ贈与があったという意思を示すために贈与契約書を作成しておいたほうがよいでしょうか。
 
②年の最終の保険料の引き落とし日は12/27ですので、その時まで1年間のトータルの贈与額はわかりません。毎年12/27〜31ごろに贈与契約書を作成したら、定額贈与だと見なされてしまう可能性がありますか。

③手数料の関係で、振込ではなく入出金で夫の口座から妻の口座に移しています。振込で履歴を残したほうが良いとの記事を見たのですが、入出金だと履歴が不明瞭とされてしまうのでしょうか。

細かくて大変申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

①お考えのとおりです。
②保険料にかかわらず、毎月8万円を口座移動し贈与するのではないですか。
毎月贈与契約書を作成するのは現実的ではないので、「毎月8万円合計96万円を贈与する」という契約書を毎年年初に作成してはいかがですか。
③同日、同額であれば振り込みでなくてもいいと思われます。

中田先生
ご回答ありがとうございます。
理解いたしました。
大変申し訳ないのですがもう一件お伺いしたいです。
「毎月8万円合計96万円贈与する」という内容を毎年連続で贈与契約書を作成した場合、連続贈与とみなされることはないのでしょうか?
作成する時期を変えれば問題ないでしょうか?
*贈与する期間や総額は決まっておりません

中田先生
承知いたしました。
お忙しい中、何度もご回答頂き、ありがとうございました。

本投稿は、2022年08月05日 21時33分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
87,303
直近30日 相談数
1,207
直近30日 税理士回答数
2,081