税理士ドットコム - [生前対策]親から借りた二千万円をそのまま相続してよいといわれましたが・・・ - 14年前の資金移動の際に、お母様と相談者様の両者...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 生前対策
  4. 親から借りた二千万円をそのまま相続してよいといわれましたが・・・

親から借りた二千万円をそのまま相続してよいといわれましたが・・・

初めまして。よろしくお願いいたします。

14年ほど前に総額2000万円を母から借りて投資を始めました。
(収支は差し引きゼロのような状態ですが)
必要になったらいつでも返すという口約束のみで、借用書などはありません。
その後大金が必要なこともなくそのままでしたが、母も高齢になりましたので、
全額一括で母の口座に返済をと思います。
一方で母はそのまま持っていてよいと申します。

しかし、相続や贈与に関して少し調べてみますと、このような場合
返済しても、そのままにしておいても、贈与とみなされるように思い不安になってきました。

返済すれば往復の贈与税、返済せずにおくと贈与の脱税扱いとなるのでは?

いつどのような返済または申告をすればをすれば負担が少なくすむでしょうか。
どうぞご教示ください。

税理士の回答

14年前の資金移動の際に、お母様と相談者様の両者の間で贈与の合意があったのであれば、贈与税に関しては時効を迎えていますので返済しなくても税の問題は生じませんが、ご質問の文面の「母から借りて」「必要になったらいつでも返す」という表現からは、贈与ではなく貸し借りだったものと推測します。

その場合には、「14年前に借りたお金を返済する」ということを書面にして、お母様に返済していただければ、そこに贈与税がかかるということはないと考えます。
借りたお金の返済であれば、申告手続きも必要ありません。
14年前のお母様から相談者様に2000万円が移動したことが確認できるもの(例えば預金通帳など)が残っていれば、それらも保存しておかれると良いと思います。

即日のご回答ありがとうございました。
わかりやすいご説明で少し安心できました。
ご回答から二つ確認させていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

「借りたお金を返済する」旨の書面は母が確認できるように書けばそれでよいのでしょうか?
利子分が明確でないといけないとか、何か記載しておくべき決まり事があれば知っておきたいです。

また、母の頭の中では貸したつもりからあげたつもりに変わっておりますが、
母の気が変わった時点で借金から贈与に変わるわけではなく、
実際の受け渡しがあった時点の意図で判断するということでしょうか。
であれば、返済せず放置した場合は母の財産として相続税の申告が必要になると考えてよいですか?

重ねてよろしくお願いいたします。

ご連絡ありがとうございます。
書面に関しては、14年前の事実関係(日付、金額、貸し付けた旨の内容)を明記して、お母様の自筆の署名をして頂ければ宜しいものになります。利子の記載は不要と考えます。

また、贈与は「贈与者の意思表示」と「受贈者の受諾」が合致した場合に成立します。つまり、お母様が「あげる」と意思表示し、相談者様が「もらう」と受諾した時点で、貸し借りから贈与に変わります。それを立証できるもの(通常は贈与契約書や債権放棄通知書など)があれば望ましいのですが、いかがでしょうか。

贈与の意思表示がなく返済もされていない場合には、お母様の財産(貸付債権)になりますので、お母様にご相続が起こった場合にはお母様の相続財産として相続税の申告に含める必要があります。

再度ご回答いただきありがとうございます。

書面の件ですが、最初のご回答と二回目のご回答を合わせると、
「14年前に借りたお金を返済する」という内容を私が書くのと別に、
「14年前にこれこれの金額を貸し付けた」という内容を母の署名で書く、ということでしょうか?
理解が悪くて申し訳ありません。

なお、中段のおたずねの件ですが、
貸し借りの時と同様に、贈与契約書も債権放棄通知書もございません。

はじめのご回答に贈与には時効がある旨のお話があり、
おや、そうだったのか、それなら贈与として扱われる方が得だったのか?と思いましたが、
たとえ年数がたっているとしても立証できるものがないので、認められる気がしません。
くれるというものはもらいたいというのが本音ではありますが、
後々税務署ともめるのも面倒ですし、
母の意向とは別に、返済か相続の申告かで決めた方がよさそうに思います。

このような理解でよろしいでしょうか。
間違いがあればご指摘ください。
ご面倒おかけして申し訳ありません。
ありがとうございました。










ご連絡ありがとうございます。
書面の件、分かりにくい表現になってしまいましたね。申し訳ありません。
次のような文面で1枚に記載して頂いて宜しいと考えます。
「A(お母様)はB(相談者様)に対し、平成○年○月○日に預けた金銭が2000万円あること、そして、BがAに対してその2000万円を本日一括で返済することに両者合意したので、本書面を作成し後日のために保存する。」
タイトルは「確認書」として、作成日(返済日)とお二人の住所・氏名を記入(自署)して捺印(実印が望ましい)して頂ければ大丈夫です。

贈与契約書や債権放棄通知書もなく、お二人の間での贈与の意思が確認できないとなると、贈与されたものと主張するのは無理があると思われます。
従って、返済するか、相続で申告するというご理解で問題ないと考えます。
宜しくお願いします。

大変よくわかりました。
参考の文面まで記入くださり大助かりです。
再々お付き合いいただきどうもありがとうございました。

考えるのに時間がかかって受け答えが苦手なものですから、
メールで質問・相談をやり取りしていただけるサイトがあって、本当に助かりました。
感謝申し上げます。

本投稿は、2019年02月16日 13時24分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

生前対策に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,640
直近30日 相談数
1,238
直近30日 税理士回答数
2,275