[生前対策]生前贈与 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 生前対策
  4. 生前贈与

生前対策

 投稿

生前贈与

父が4年前に亡くなり母が老人ホームに入ることとなり住んでいた自宅を売りました。
実母より息子(兄)と私に一旦先に600万ほど渡したいとの話がありました。この場合どのようにすれば一番節税になりますか?

税理士の回答

売却されたご自宅は、どなたの名義だったのでしょうか。そして、その売却価額はいくらだったのでしょうか。
また、上記売却代金以外のお母様の財産は総額でどれ程なのでしょうか。
具体的な金額が分かりませんと判断も困難ですので、可能でしたらお知らせください。
宜しくお願いします。

売却前に母の名義にしたようです。
金額は1850万でした。
その他の母の財産はおそらく500万程だと思います。老人ホームはサービス付き高齢者賃貸住宅です。

土地家屋がお母様の名義で、お母様が居住されていた住宅であれば、居住用財産の譲渡の特例が適用できますので、売却代金1,850万円は税金が掛からないものと思われます。
その前提で考えますと、お母様の所有財産はその売却代金1,850万円と他の財産500万円の、合計2,350万円となりますので、万一、お母様に相続が発生したとしても、相続税の心配はないものと思われます。
その場合であれば、ご相談の600万円につきましては、相続時精算課税制度での贈与が良いと考えます。この特例を選択することで600万円の贈与について贈与税をゼロとすることができます。
なお、相続時精算課税制度を選択して贈与する場合には、贈与税がゼロでも贈与税の確定申告が必要となりますのでご留意ください。
宜しくお願いします。

分かりやすい回答で本当にありがとうございます。もう2つだけお聞きします。(すいません)
1.前述の母の財産全て合わせて2350万となりますがその額には上限がありますか?
2.兄も600万生前に私同様受け取るわけですがそれも同じように相続時精算課税制度を利用した方が良いのでしょうか?
兄は既に現金を受け取ったようでどのように対処するのかまだ聞いていないのです。
正直申し上げますと不仲なもので「相続」が「争族」にならないようにしたいと思っております。

ご連絡ありがとうございます。
1.法定相続人が相談者様とお兄様の2人だった場合には、お母様に相続が起こった場合の非課税枠(基礎控除額)は、4200万円になります。
2.お兄様が600万円を受け取る際も相続時精算課税制度の贈与を選択された方が良いと考えます。ただし、この制度を選択する場合には、贈与のあった日の翌年3月15日までに、所定の書類を添付して相続時精算課税制度を選択する旨を記載した贈与税の確定申告書を提出しなければなりませんのでご注意ください。
宜しくお願いします。

ありがとうございます。
兄も相続時精算課税制度にした方が良いとのこと。
兄がもし箪笥貯金もしくは暦年課税にしていた場合はどうなるのでしょうか?
相続が発生した際に問題が生じるのでしょうか?
次々と質問が増え大変申し訳ありません。

お兄様の箪笥預金や暦年課税の贈与につきましては贈与税の問題は生じますのでご留意ください。年間の贈与金額が110万円を超えますと、贈与税の申告・納税が必要になります。
なお、お母様の財産総額が前述した相続税の基礎控除額以内であれば、相続税の問題は生じないと思われます。
宜しくお願いします。

何回も本当にありがとうございました。とても分かりやすく何をすれば良いのか理解できました。
お時間割いて頂きありがとうございました。全ての回答をベストアンサーとさせてください。

本投稿は、2017年03月17日 00時28分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
13,474
直近30日 相談数
628
直近30日 税理士回答数
1,679

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら