賃借と贈与税、相続税の関係 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 賃借と贈与税、相続税の関係

相続税

 投稿

賃借と贈与税、相続税の関係

賃借契約にて、父親に数年前より、2160万ほどお金を借りていて、
15年契約で、毎月12万円ほど返金しており、
返金額約300万、残債額約1860万、という現状ですが、

これは、父親が亡くなった場合、
贈与や相続になり、税金がかかったうえで、へんきんが不要となるのでしょうか?
それとも母親に返金するなど、返済先が変わるということでしょうか??

後者であればいいのですが、
前者の税金が絡んでくるといやなので、ご相談させてくださいませ。

税理士の回答

お父様は貸付金という財産を有していますので、これをお母さまが相続すればお母さまに返済が必要です。ご相談者様が相続すれば債権者=債務者となり実質借金は消滅します。税金がかかるかどうかは他の財産の金額にもよりますが基礎控除は3,000万円+法定相続人の数×600万円です。この金額以下なら相続税はかかりません。ご参考までに。

本投稿は、2018年04月15日 13時59分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
12,834
直近30日 相談数
630
直近30日 税理士回答数
1,331

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング