税理士ドットコム - [相続税]家の相続はしんでから?生きているうち? - お母様が健在のうちに名義を変えますと「贈与」と...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 家の相続はしんでから?生きているうち?

家の相続はしんでから?生きているうち?

母はまだいきてます。
母名義の持ち家を息子(自分)に名義変更したい。姉がいますが相続は放棄します。
生きているうちに手続きしたほうがいいのか、死んでから手続きした方がいいのか、教えてください。 税金はどちらが得ですか?
書類とかいりますか?

税理士の回答

お母様が健在のうちに名義を変えますと「贈与」となり、贈与税が課されます。贈与税は110万円の基礎控除を差し引いた金額に対して累進税率を掛けて計算します。
一方、お母様の死亡を原因として名義を変えますと「相続」となり、相続税が課されます。相続税の場合は、法定相続人が2人ですと4200万円の基礎控除があります。
お母様の財産の金額がわかりませんので断言はできませんが、一般的には「相続」で名義を変えた方が得かと思います。
宜しくお願いします。

本投稿は、2016年06月04日 12時46分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,181
直近30日 相談数
1,129
直近30日 税理士回答数
2,244