[相続税]生命保険 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 生命保険

生命保険

夫の給料を使って
契約者が妻、被保険者が妻、受取人が夫の生命保険に入るのは問題ないですか?
妻が亡くなった時に夫が受け取る場合に生命保険の特例で相続時財産に計算しなくて良いですか?
また、夫が先に亡くなった場合に、受取人を子供に変更するのは問題ないですか、
以上よろしくお願いします

税理士の回答

生命保険金の課税関係は、保険料の負担者と保険金受取人で判定します。

ご主人の収入で保険料を支払うのであれば、契約者(=負担者)をご主人とした方がスッキリします。

支払保険料については、ご主人の生命保険料控除の対象になります。

被保険者が奥様で、奥様が亡くなられた際の死亡保険金は、受取人がご主人であれば、ご主人の一時所得になります。

ご主人が先に亡くなった場合には、解約返戻金がご主人の相続財産になります。その場合の相続財産は、保険の権利です。

それを被保険者である奥様が相続し、被保険者を子供さんに変更することは問題ありません。

質問の意図が分かりにくく追加ですみません。
妻が先に死んだとき受け取る生命保険を相続税の非課税の枠で受け取るために契約者と被保険者を同じにしていますが、その支払う原資が妻ではなく夫なら非課税にならず所得税がかかる。という事ですね。生活を共にしている妻の生活費としては生命保険料は認められないのですか?
医療保険など掛け捨てなら良いのですね。
それと、相続税が掛かるほどの財産は溜まりそうにありませんが相続税が掛からない場合でも、夫の原資で入った生命保険は一時所得のみかかるのでしょうか?

繰り返しになりますが、保険金に対する税金は、保険料負担者と受取人と満期や死亡といった保険事故で決まります
その際、契約者は直接関係しません。
奥様の生活費としての生命保険料という考え方にはなりません。
医療保険でも、保険料負担者はご主人になります。
ご主人が被保険者で、ご主人の死亡に伴う保険金であれば、ご主人の相続財産とみなされます。

保険料の負担者を考えるとき、奥様に収入がなければご主人ということになります。
なお、あまり例はないのですが、奥様が保険料の贈与を受けて支払うという方法も有効です。その際には、契約書を作成したり贈与税の申告も忘れずにしましょう。
契約書は、1年ごとに作成しましょう。
また、贈与税は、110万円以内でも申告しましょう(税金がゼロなので、ゼロ申告と呼んでいます)。

一時所得の計算式を説明します。
(収入-払込保険料の合計ー50万円)×1/2です。
受取り保険金の額がそのまま課税所得ではありません。

ありがとうございました。
最後のところで書き間違えていました。
一時所得 ではありませんでした。
相続税が基礎控除で収まる場合にでも
夫の支払いで被保険者が妻の生命保険、夫受け取りの場合に所得税がかかりますか?

ご主人が負担者・受取人のケースは、一時所得です。
受取金額から払込保険料合計と50万円を控除して、残額があれば所得税住民税がかかります。

ご丁寧にありがとうございました。

本投稿は、2022年06月24日 00時20分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

相続税に関する相談一覧

分野

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
85,185
直近30日 相談数
1,376
直近30日 税理士回答数
2,392