税務調査で聞かれたこと - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税務調査
  3. 税務調査で聞かれたこと

税務調査

 投稿

税務調査で聞かれたこと

よろしくお願いします。歯科技工士をしています。青色申告の個人事業主です。20年やっていて初めて今年税務調査が入りました。消費税を払うかどうかの売り上げで毎年きていました。去年、一昨年は消費税を払うだけ売り上げがありました。今年はギリギリ消費税を払わなくてもいい金額で収まったのでそのように申告しました。そしたら税務署から連絡があり調査が入ることになりました。そこで聞かれたことが金属のクズはどうしていますか?です。実は金属クズを石膏クズと同じ産廃業者に出しています。その時に金属クズが現金になってもらうことになるのですが、その時、産廃業者の方から言われたことがあります。このお金は領収書はいりません。と、領収書がいらないということは計上しなくていいお金かと聞きました。そのように理解してしまいました。ただ受け取ったというサインはしてほしいというというので、サインはしました。
そしたら税務署にそのように聞かれてビックリして税務署の方が帰ってから慌てて産廃業者に聞いたところ産廃業者の方で作った領収書があると。見ると、印鑑もうちが押してない印鑑が押してありました。それで2回目の税務調査の時に実は金属クズの代金をもらっていたこと、領収書はうちは切らなくていいと言われたので計上しなかったことを正直にこちらから話しました。税務署の方からは23年から今まで7年分のサインしたとされる用紙を用意するように言われました。今はその書類を取り寄せているところです。どのようなお咎めになるのでしょうか?知ってたらしっかり申告していたのに悔しくて自分の甘さも反省しています。

税理士の回答

いわゆる雑収入の未計上は指摘されやすいものです。7年分の書類ということは、仮装隠蔽行為として重加算税を課すことを前提としていると思われます。産廃業者にも確認のうえ、事実関係をしっかり主張すべきですね。

早速のご回答ありがとうございます。税務署の方には領収書入らないと言われて切ってないことは伝えました。サインのコピーは税務署の方が帰ってから気づいたことなのでそこで見つけた印鑑も自分で押してないことまでは伝えていません。そこもしっかりと主張したほうがいいですよね、それと次回税務署の方が産廃業者とのやりとり書を面にしてきますのでそこにサインをしてくださいと言われています。これはどういうことでしょうか?

次に税務署の方が来るまでに4日ほど日にちがあるのですがそれまでに急いで修正申告してももう税務調査で指摘されてからでは遅いでしょうか

おっしゃるとおり、事実をしっかり主張すべきです。産廃業者への反面調査の結果が事実と異なるのであれば、サインはできませんよね。すでに、税務調査が開始されていますから、今、自主的に修正申告しても、調査による修正申告とされます。

ありがとうございます。事実をしっかりと主張することで重加算税は無くなることもありますか。

そうですね。産廃業者が何と言っているかも気になるところですね。

何度も回答してくださりありがとうございます。税理士さんを頼まずに今までやってきたので、このような状況になって相談したくてもどの方に相談したらいいかわからずにとても悩んでいました。こちらのサイトを見つけて直ぐに中田先生から回答を頂けて感謝してます。主人が税務署の方と話しているのですが、領収書入らないと言われたこと以外は知らなかった。を言い張ってます。が、それじゃあ税務署には通らないと思うので、領収書だと言われてる印鑑もうちが押してないこと、収入印紙もうちが張っていないことを具体的に主張していこうと思います。

税務調査は何かと不安ですね。
少しでもお役に立てたなら幸いです。

補足説明をさせていただきます。
あくまでも現金を受領されていたことは、事実ですので雑収入除外となります。計上していなかったことに明確な説明もできないはずです。
領収書は必要ないと言われ計上しないで済むと考え、計上しないことと、正直に計上することとは異なります。と税務署の人は言うでしょう。
私の考えは異なります。
まず、その業者ですが、こうした業者においては、仕入になります。
法人通達において、領収書を取る必要はないことが規定されていますから、
何故そういった行為をしているのでしょうか?
あなたが受領した金額が正確かを確認する必要があるのではないでしょうか、もし正確ならこの通達の存在をしらなかった行為と推測されます。

重森先生ご回答ありがとうございます。受け取ったことに関して先生のおっしゃる通りだと思います。計上しなくていいと思い込んでいたことになぜ気づかなかったんだろうと反省しています。
先生のおっしゃる通達の存在を知らなかった行為とは産廃業者が知らなかったことということですか?個人事業主のうちはそんな法人通達のことなんて知りませんから。領収書が必要ないと言われたこと、収入印紙と印鑑がこちらが押したものではないこと、を主張するつもりです。それでも思い込んでいて、そこに気づけなかったことはこちらの反省すべきところですのでそこも税務署の方には伝えたほうがいいですか?それと重加算税を支払うことになった場合、他にかかってくる税金はありますか?すみません、教えていただきたくお願いいたします。

すみません、教えていただきたいのですが、もし仮に、過少申告だと税務署の方判断した場合にはどのくらい追加で税金がかかりますか?

思考の整理をしましょう!
受領した金額は、収益として計上することになります。
ただ、金額の確認はしましょう。
次に、重加算税か、過少申告加算税との違いです。
年分の問題もありますが、新たに発生した税額が30万円とした場合、
重加算税は税額の35%の105千円がペナルティ、過少だと10%の30千円がペナルティとなります。差額75千円多く負担することになります。
領収書や印鑑等の問題は、産廃業者の記帳方法等に関することなので、ご質問者には直接関係ない問題ですが、念のため金額等は確認しましょう。
実は、歯科技工士業では、この雑収入計上は調査におけるポイントの一つであり、金額も多額にならないことから、計上されないことは多々あります。
なので、記載にある「7年分用意するように言われた」とあるように、金額から税務署で調べることも必要ないとして、あなたに金額を調べるように宿題を出したと思われます。そうでなければ、税務署側で業者に対する反面調査により、金額確定を実施します。
ただ、残念ですが、7年間の調べを要求することとは、(ここは重要)
重加算税対象の所得は、遡及7年間
過少申告加算税対象の所得は、遡及5年間と法律で規定されており、
これまでご説明したとおり、7年間調べるように言われたようですから、
重加算税対象と考えているようです。
ちなみに、売上除外で過少となることはありません。
売上の計上漏れとは、収益の計上時期における認識の誤り(大法人など)などを指し、この場合は過少申告対象となります。
誤りは認めて、署の職員も大きなこととは考えていないため、早期に解決を図ることをお勧めします。
【想定】
決算書に雑収入の計上が全くなかったことで、これらの収入除外が想定されることで、調査対象に選定された可能性があるのです。

売上除外と記載した部分について、収入除外に読み替えてください。

詳しく教えてくださり、ありがとうございます。重加算税は過去に申告した分の税金を差し引いた分の税額で計算でいいですよね、それと、延滞税も追加されますか?金属クズの金額はこちらと産廃業者とで確認してあります。産廃業者にも税務署から提出の依頼がありました。重加算税と思っています、計算の仕方は複雑になりますか。

過去に申告した金額を差し引くことでいいです。
ざっくりと計算する方法としては、各年分の既に申告した申告書を手元に用意します。
そして、各年分ごとに業者からもらった収入金額を所得金額に加算して、税額を新たにはじき出します。当初申告との差額が支払う本税です。
その本税に35%を乗じてください。
延滞税もかかります。本税に対して納付する日までの日数となります。
加算税ほど大きな金額にはならないので、ご安心してください。
延滞税の算出は、本税を出してからの算出となり、計算が複雑なのでこうした掲示板ではなく、調査終了時に署の職員に対して説明を求めてください。

教えてくださりありがとうございます。そうですね、延滞税の算出の仕方は調査終了時に税務署の方に聞いて教えてもらいます。そのほかに健康保険、市民税、事業税も関係してきますか?何度すみません、よろしくお願いします。

延滞税の計算は、確か国税庁のHPで計算が出来ると記憶しています。
また、おっしゃるように、全て連動ですから金額の変更(追加)が発生します。今回のことは気分も変えて、今後は、合法的な節税方法に取り組むべきではないでしょうか。記載内容から判断するに、色々な方法が推察されます。

わかりました。度々の質問に何度も答えてくださり、本当に感謝しています。ここ何日も家の中がお通夜のようになっていますので、先生からの今回のことは気分も変えてのお言葉に励まされます。合法的な節税方法を是非伺いたいと思いますが、先生のお住いの広島はこちらからはとても遠くて行けないのが残念でなりません、今度、商工会の税の相談会に行った時に聞いてみようと思います。本当にありがとうございました。今回のことはとても勉強になりました。

本投稿は、2018年11月09日 16時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 税務調査

    税務調査に入られた会社はそこの社員も調べられますか。             社長から次の申告だけは、きっちりやるように言われたんですけど、どうしたらいいですか...
    税理士回答数:  3
    2017年12月03日 投稿
  • 税務調査

    税務調査の日程が確定しました。過去の売り上げを1600万円申告していません。今の段階で 修正申告しても意味なないでしょうか?
    税理士回答数:  2
    2016年09月29日 投稿
  • 税務調査

    個人事業主の事務所について、税務調査の連絡を受けた場合、 事務所を自宅と届けていた場合、鬱の家族がいるなどの理由で、自分から税務署に出向くなど、自宅以外で...
    税理士回答数:  2
    2017年02月16日 投稿
  • 税務調査について

    初めまして。 税務調査についてお聞きしたいのですが もし税務調査が入った場合、個人事業主本人の口座以外に配偶者の口座も調べられるんでしょうか? 仮...
    税理士回答数:  4
    2018年08月10日 投稿
  • 税務調査について

    税務調査で 会社の職員が材料を売却し 利益を得ていたことがわかった場合。 専属の税理士さんは 税務署が開示して得た個人情報や売却利益の詳細を 会社の代表...
    税理士回答数:  8
    2018年06月13日 投稿

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
18,605
直近30日 相談数
979
直近30日 税理士回答数
1,568