[計上]車両リースの仕訳について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 車両リースの仕訳について

車両リースの仕訳について

法人の経理を行っています。
事業内容としては自動車の部品取り付けや修理を行っています。
今期総額200万の車両をリース契約で購入しました。
本来ファイナンス・リースに当たる契約なのですが、調べてみると「企業の事業内容に照らして重要性の乏しい取引でリース契約1件当たりのリース料総額(維持管理費用相当額を除く)が300万円以下の 取引等は借手は賃貸借取引とすることが可能」
との説明がありました。
総額300万円以下であることは確かなのですが、「事業内容に照らして重要性の乏しい取引」というところの判定が難しいです。
購入した車両は主に取引先への訪問等で使用するのですが、この場合重要性の判定はどうなりますでしょうか。

税理士の回答

リース契約を主たる事業としているような場合は、総額300万円以下でも重要性があると判断されることがございます。
ご相談様の場合、300万円以下であれば賃貸借取引で問題ございません。
どうぞよろしくお願いいたします。

明確な回答ありがとうございました。
賃貸借取引で仕訳したいと思います。

本投稿は、2018年04月19日 10時09分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,752
直近30日 相談数
1,092
直近30日 税理士回答数
2,156