[計上]一般社団法人 収益事業 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 一般社団法人 収益事業

一般社団法人 収益事業

お世話になります。
町のPRの為に、一般社団法人を設立して、町からの補助金で運営しています。
収入の内、98%相当は町からの補助金と会員からの会費で、残り2%相当は物品貸付や旅行業なります。物品貸付や旅行業は法人税法上の収益事業に該当すると考え、収益事業開始の届出をしました。
そこで、質問なのですが、経費については、どのように集計すれば良いのでしょうか。町のPRの為に設立した法人であり、経費の殆どは町をPRする為のものであり、ひいては旅行業の為の経費と言えなくもない思えるのですが・・・

税理士の回答

一般社団法人非営利型が基本の会社ですね。

①町のPR事業(非収益事業)
②物品貸付(収益事業)
③旅行業(収益事業)

必要経費とは、各々の事業売り上げをたてるために支払った費用ですので、
①~③のための経費は、どの事業のためのものか、分けることができるんじゃないかと思います。

それなら分けれそうです!!
ありがとうございました!!

本投稿は、2019年05月15日 18時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,254
直近30日 相談数
994
直近30日 税理士回答数
1,866