税理士ドットコム - [減価償却]設立初年度の一括償却資産について - 一括償却資産の各事業年度の償却は1/3ではなく、一...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 減価償却
  4. 設立初年度の一括償却資産について

設立初年度の一括償却資産について

3月決算で5月に法人設立をしました。10万円以上20万円未満の場合、一括償却資産にあたり、設立初年度でなければ5月に購入しても決算月の3月に購入しても1/3を償却するかと思いますが。初年度の場合は、5月で購入した場合は5/36、3月で購入した場合は1/36など個別で判断するのでしょうか。お手数ですが、よろしくお願いいたします。

税理士の回答

一括償却資産の各事業年度の償却は1/3ではなく、一括償却資産対象額を36で除してその事業年度の月数を乗じます。(法人税法施行令133条の2、1項)
月数は暦に従って計算し1月未満の端数は1月とします。(同条6項)
ご記載のケースでは、設立初年度の月数は11カ月ですので、償却費は一括償却資産対象額÷36×11カ月です。

詳しいご説明ありがとうございます。
償却費は一括償却資産対象額÷36×11カ月で承知いたしました。

本投稿は、2021年01月13日 17時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

減価償却に関する相談一覧

分野

減価償却に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
56,927
直近30日 相談数
1,540
直近30日 税理士回答数
2,365