税理士ドットコム - [勘定科目]本業での業務委託料の勘定項目仕分けについて - 東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申し...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 本業での業務委託料の勘定項目仕分けについて

勘定科目

 投稿

本業での業務委託料の勘定項目仕分けについて

本業で業務委託として9月から働いています。美容業です。
業務委託契約している会社から決まった日に先月の売上の50%が報酬として払われています。源泉徴収はされていません。
その場合勘定項目は『売上』でよいのでしょうか?
検索してみたところあるサイトでは
『事業主借』とする。との事でしたが私は本業で業務委託として働いてますし
その場合帳簿上の売上がゼロになりませんか?

どちらが正解なのかわからなくご相談しました。よろしくお願い致します。

税理士の回答

東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申します。

業務委託と対価として支払われる金銭については、「売上」が正しい処理となります。

以上よろしくお願い致します。

『売上』で処理しました。
ありがとうございます!

本投稿は、2018年11月08日 21時45分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
18,491
直近30日 相談数
962
直近30日 税理士回答数
1,540