税理士ドットコム - [所得税]専従者給与と副業(海外FX・仮想通貨)で年間収入が103万円を超えてしまった場合の対応について - ①103万円の壁とは、38万円(基礎控除)+65万円(給与...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 専従者給与と副業(海外FX・仮想通貨)で年間収入が103万円を超えてしまった場合の対応について

所得税

 投稿

専従者給与と副業(海外FX・仮想通貨)で年間収入が103万円を超えてしまった場合の対応について

はじめまして,私は個人事業主として農業を営んでいる父のもとで専従者として働いています.
今回,「103万円」の壁と呼ばれるものの認識とその壁を超えてしまった場合の対応についてお教え頂きたく質問致しました.

現状は専従者給与収入として月8万円,年間で96万円を受け取っているのですが,ネットで色々調べてみると,収入が96万円だけの場合は住民税,所得税ともに課税されないということは分かりました.

今までは年間収入がこの96万円だけだったのですが,今年は雑所得(仮想通貨取引の利益と海外FX取引の利益)もあり,合算すると100万円を超えてしまっています.
具体的な利益として仮想通貨が7万円,海外FXが6万5千円程度あり,合計収入が110万円弱になります.

ここで,いくつか質問させて頂きます.
①いわゆる「103万円の壁」と呼ばれるものは38万円(基礎控除)+65万円(給与所得控除)のことであり,所得税に関するボーダーである.
住民税の場合,33万円(基礎控除)+65万円(給与所得控除)の98万円がボーダーになる.
この認識で合っているでしょうか?

②専従者給与と雑所得で103万円を超えてしまった場合,私に住民税や所得税を支払う義務が生じると思うのですが,具体的には今後どういう手続きをすればよいのでしょうか?
(年末調整をしており,雑所得が20万を超えない場合は確定申告をしなくてよいということは調べて分かりました.)

③自分の収入が103万円を超えて税金を支払うことになると,父の支払う税金にも影響があるのでしょうか?

以上,ここまでお読み頂きありがとうございました.
よろしくお願い申し上げます.

税理士の回答

①103万円の壁とは、38万円(基礎控除)+65万円(給与所得控除)の事です。この金額以下は、所得税・住民税の扶養になります。
②所得額38万円を超える場合には、確定申告が必要になります。
しかし、給与所得は、確定申告不要の規定があります。該当すれば、確定申告は不要です。
しかし、住民税は、確定申告不要の規定はありませんので、市役所で住民税の申告をする事になります。
③専従者は、扶養親族控除は、適用できませんので、お父さんの税金は変わりません。

山中先生,回答ありがとうございます.

①,③についてよく理解できました.ありがとうございます.

②について,103万円を超えると住民税が必ず発生することは分かりました.
そして,所得税についてなのですが,私は年末調整をしている給与所得者で雑所得が20万円以下なので,確定申告不要の規定に該当していると思います.
この場合,合計所得が103万円の壁を超えているが,給与所得96万円と雑所得20万円以下なので所得税は発生しないという認識で大丈夫でしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが,よろしくお願い申し上げます.

その様に判断されて良いと考えます。

よく分かりました.
山中先生,丁寧に回答して頂き,ありがとうございました.

本投稿は、2018年12月08日 22時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

所得税のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,761
直近30日 相談数
1,561
直近30日 税理士回答数
2,340