[所得税]副業について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 副業について

副業について

現在正社員として勤務してますが副業を考えています。
正社員の会社では住民税は給料から引かれていません。

副業のアルバイトは給料手渡しで、所得税が引かれる形になります。

この場合副業は会社にばれますか?

また確定申告が必要になりますか?

税理士の回答

1.副業(給与所得)については住民税の納付を普通徴収での選択ができないと思います。市区町村によっては普通徴収にできるところもあるかもしれませんので一度所轄の市区町村に確認されることをお勧めします。
2.2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人は確定申告が必要になります。

会社には副業の申請をしないといけないのでしょうか?

会社が副業の申請を必要としているのであれば申請しなければいけませんが、そうでなければ申請の必要はないと思います。なお、会社が副業禁止である場合は、住民税の普通徴収ができなければ特別徴収通知書から情報が漏れる可能性はあります。

会社が副業の申請を必要としているのであれば申請しなければいけませんが、そうでなければ申請の必要はないと思います。なお、会社が副業禁止である場合は、住民税の普通徴収ができなければ特別徴収通知書から情報が漏れる可能性はあります。

↑とございますが会社は普通微収となっています。副業先は、手渡しで所得税が引かれると言うことです。確定申告は必要ですか?

手渡しで所得税も何も引かれない場合なら何も必要ないですか?

2か所から給与の支給を受けている場合は確定申告が必要になります。本来であれば副業の方は乙蘭で所得税が控除されなければならないと思います。

本投稿は、2019年07月12日 17時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

所得税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
35,337
直近30日 相談数
1,694
直近30日 税理士回答数
2,940