税理士ドットコム - [固定資産税]土地売買にかかる税金について - 一点確認がございます。市の開発地域対象となった...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 土地売買にかかる税金について

固定資産税

 投稿

土地売買にかかる税金について

主人の父親が亡くなり、父親名義の土地を主人(3/4)と主人の兄(1/4)に変更した土地があります。その土地が市の開発地域対象となり、先日売買が行われ主人1700万、主人の兄550万が入りました。
それぞれにかかる税金はいくらぐらいでしょうか?また、私達は家を購入予定で、そのお金を使う事で支払う税金を抑える方法、また、それ以外に支払う税金を抑える方法があれば知りたいです。

税理士の回答

一点確認がございます。市の開発地域対象となったという事は、当該土地の売却先は市ということで、収用対象となったということでよろしかったでしょうか

ご連絡ありがとうございます。
はい、そのとおりです。

国や地方自治体などの公共事業のために土地を売却した場合には、売却益から最高5000万円を控除できる特例がありますので、ご質問のケースがこれに該当するものであれば税金はかからないことになります。
詳細は下記サイトをご参照いただき、特例の対象になるかをご確認ください。
https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/3552.htm

ご連絡ありがとうございます。
もし、特例対象ではない場合はどうなりますか?

特例対象ではない場合、亡くなられたご相談者様の父が当該土地を取得した時期・価格が判明するかにより、計算方法が異なります。

特例対象でない場合には、各人毎に収入金額から取得費・譲渡費用を差し引いて譲渡所得の金額を計算し、所得税住民税の額を計算します。
ご相続で取得した土地の場合には、お父様の取得価額を引き継ぎます。お父様はいつ頃、いくら位で購入されたかご存知でしょうか?
また、お父様のご相続はいつ頃で、その時に相続税の納税はありましたでしょうか?
可能な範囲で結構ですので、お知らせ頂けたら幸いです。

なお、前述の特例が使える場合には、市役所から所定の証明書が交付されていると思われます。そちらもご確認頂くと宜しいと思います。
以上、宜しくお願いします。

本投稿は、2018年04月16日 17時58分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
16,715
直近30日 相談数
832
直近30日 税理士回答数
1,306

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら