[税金・お金]不動産取得税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 不動産取得税について

不動産取得税について

中古住宅を売買で購入する予定です。建物の不動産取得税についてお尋ねします。対象建物は平成11年築、床面積約300㎡、固定資産評価920万程でした。軽減要件に、床面積240㎡以下となっているので、今回の場合だと建物には軽減は適用されず、固定資産評価×3%の取得税がかかるという考えでよろしいでしょうか。

税理士の回答

軽減の適用要件の一つに面積基準があります。
下記に該当しない場合には、軽減措置はありません。

住宅の床面積が、50平方メートル以上240平方メートル以下であること。
(注意)
区分所有家屋や共同住宅にあっては、共用部分も床面積に含みます。
「新築」年月日は、母屋の新築年月日をいいます。
同一敷地内の附属家(物置等)の床面積も合算します。

少しでも軽減されればと思ったのですが、面積も要件の1つとなると仕方ないですね。どうもありがとうございました。

面積基準も要件の一つです。その様に判断して下さい。

本投稿は、2018年12月15日 22時58分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,497
直近30日 相談数
1,240
直近30日 税理士回答数
2,484