[税金・お金]未成年の子供の給与管理 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 未成年の子供の給与管理

未成年の子供の給与管理

初めまして。
未成年の子供の給与管理についてお聞きしたいのですが。
現在、遠方にて住み込みで働いています。
毎月の給与は私たちが管理している子供名義の口座に全額振り込まれ、そこから毎月の生活費を勤務地の地元金融機関で作った息子名義の口座に送金する形とっています。
万が一足りなくなり連絡がきときは追加送金しています。
これは未成年いうこともありますが、全額手元にいくと給与後数日で使いきってしまうのでそれを防ぐことと、就職前に発覚した多額の借金(17にしておよそ30万近く)を一旦立て替えたので本人との約束で毎月私たちへ5万ずつ返済があったためです。が、先月から返済もなくなったので残金は積み立てています。
生活していくための正しい金銭感覚を覚えてもらうため勤務先の皆さんにも事情は伝えて理解と協力をいただいています。
できれば二十歳になるまで今の形でやっていきたいのですが…会社側の業務上、本人名義の口座とはいえ直接ではなく一度経由してしまうのはマズイのでしょうか…。
本来なら息子名義の口座に入ったものを本人が全て管理できることが当たり前だと思うのですが、とても軽度ですが障害もあるため難しいことが多いです。
勤務先には障害のことは伝えていませんが、皆で見守り一つ一つじっくり教えていかないといけないお子さんですね。と言われています。
よろしくお願い致します。

税理士の回答

民法において、「親権」と「子の財産管理」に関して次のように定めています。

第818条 (親権者)
1 成年に達しない子は、父母の親権に服する。
2 子が養子であるときは、養親の親権に服する。
3 親権は、父母の婚姻中は、父母が共同して行う。ただし、父母の一方が親権を行うことができないときは、他の一方が行う。

第824条(財産の管理及び代表)
親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する。ただし、その子の行為を目的とする債務を生ずべき場合には、本人の同意を得なければならない。

このように、子が未成年の場合には、子に代わって親権者(父母)が財産の管理及び取引を行うことを認めていますので、少なくとも子供さんが20歳になるまでは今の方法をとられても法律上は問題無いと考えます。

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございます。
二十歳になるまでの間に本人がちゃんとできるよう、しっかり教えて行きたい思います。
早々のご回答、感謝します!

本投稿は、2016年01月16日 10時44分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,606
直近30日 相談数
1,207
直近30日 税理士回答数
2,439