税理士ドットコム - [税金・お金]業務委託契約での「祝い金」の課税について教えて下さい - 祝い金名目でも、相手先が報酬の対価として支払っ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 業務委託契約での「祝い金」の課税について教えて下さい

業務委託契約での「祝い金」の課税について教えて下さい

業務委託契約で、報酬を受け取り業務を行っている個人です。
報酬と共に「採用祝い金」を受け取りましたが、その祝い金にも【源泉所得税 10.21%】が課税されて、引かれています。
祝い金は、非課税ではないのでしょうか?教えて下さい!

国税庁ホームページも検索して「報酬の対価として支払われるものではないので課税対象外」と記載があり、税金相談窓口に電話をして確認をしました。
ですが、先方は「税理士にも確認しましたが、報酬として支払いしているため課税になります」との返答でした。

*正確なところを教えて頂きたく、こちらへ相談しました。よろしくお願いします。

税理士の回答

祝い金名目でも、相手先が報酬の対価として支払っている様ですので、事業収入になると考えます。

早速の返答ありがとうございます。
報酬の対価ではない=非課税の祝い金とは、業務絡みではない、いわゆるごく一般的な
結婚や出産や新築etc.などのプライベートなお祝い事、となるのでしょうか?
なんだか明確じゃなくて「贈る方の気持ち次第」みたいに感じますね・・・

単なる祝い金等は、社会通念上相当と認められるもは、非課税です。
今回の場合、お祝い金の名目でも、相手先は、業務の対価として経理していると思います。

迅速なご返答・アドバイス、ありがとうございました。感謝します!

本投稿は、2019年04月15日 15時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,157
直近30日 相談数
1,170
直近30日 税理士回答数
2,318