資金調達について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 資金調達
  3. 資金調達について

資金調達について

資本金100万円の小規模企業です。
このたび、出店費用のため親戚・縁者から資金調達を計画しています。
(金融機関は予定していないので、そのあたりは突っ込まないでください)

その際、少人数私募債を発行し、資金調達する考えでいるのですが
個別で金銭貸借契約で借り入れする場合との違い、
それぞれメリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?

税理士の回答

少人数私募債の利子は、利子所得となり、一律15.315%(他に地方税5%)が源泉徴収され申告不要です。
金銭消費貸借契約の利子は、雑所得となり、他の所得と総合課税の対象になります。

発行側のメリット、デメリットを教えていただけますか?

デメリットは、特にないと考えます。
利子所得で、20.315%以上の所得税及び住民税率以上の方は、お得になると考えます。

わかりました。ありがとうございました。

本投稿は、2018年08月27日 10時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 私募債発行で調達した資金を資本金に組み入れたい

    先日少人数私募債を発行し、300万の資金を調達しました。 現在勘定科目は固定負債にしていますが、全額資本金に組み入れたいと思っています。それは可能なのでしょう...
    税理士回答数:  1
    2015年09月14日 投稿
  • 資金調達について

    父から創業30年のうどん店を2年前に承継しました。老朽化した店舗の改装や機材の買い替えのために、商工会を通じて」先日、マル経融資に800万円の融資を申し込み、現...
    税理士回答数:  1
    2018年03月14日 投稿
  • 資金調達困ってます。2

    資金調達できない場合は 売掛金債権はどうなんでしょうか? イメージでは怖いような感じはしますが・・・
    税理士回答数:  1
    2018年07月05日 投稿
  • 個人再生後の資金調達について

    現在、個人再生(ギャンブル関係が原因)が決定して借入先に支払いをしている最中ですが、どうしても起業したいビジネス案が浮かび実行に移したいと考えています。 ただ...
    税理士回答数:  1
    2017年11月19日 投稿
  • 資金調達についての質問です。

    資金調達には、税理士さんではなく、その専門のコンサルタントに依頼した方がいいのでしょうか? いま顧問で依頼している税理士さんは、経営改善支援についてはよく...
    税理士回答数:  2
    2018年07月02日 投稿

資金調達に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
47,484
直近30日 相談数
1,798
直近30日 税理士回答数
3,055