[節税]勤務医の特定支出控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 勤務医の特定支出控除について
Amazonギフト券 5000円分 プレゼントキャンペーン実施中!

勤務医の特定支出控除について

よろしくお願いいたします。
医師として病院に勤務しているものです。特定支出控除について下記の出費が該当するかご意見を伺いたいです。
・博士号取得のための大学院の学費
・学会発表などの資料作成、webミーティング等に使用するノートPC
・外国人とのミーティングをより円滑にするための英会話スクールの費用
・各種医師会、学会等に所属していることによる年会費
・医師賠償保険の費用

等です。国税庁のホームページには申請には病院の許可がいるとのことで、病院に確認しましたが、税務署に直接確認してほしいと言われ、税務署からは個別のケースに対しては回答が難しく、税理士と相談するように言われております。
ご教授いただけますと幸いです。

税理士の回答

書かれている支出は、研修費、資格取得費、勤務必要経費の何れかに該当する必要があるのですが、

・研修費:職務の遂行に直接必要な知識等を習得するための研修に要する支出
・資格取得費:資格を取得するための支出でその者の職務に直接必要であるもの
・勤務必要経費:職務に関連する図書を購入するための支出・勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための支出・給与等の支払者の得意先、仕入先などの職務上関係のある方に対する接待等のための支出

個別判断は、中身の分かる方に判断して頂く必要があります、

判断のポイントを申し上げると、研修費と資格取得費はともに“直接必要”と記載のあることから、業務に直接的に必要であると説明できる必要があります、勤務必要経費は、図書費と衣服費(勤務場所で着用が必要なもの)と交際費に限定されています、

本投稿は、2020年10月23日 15時48分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

節税に関する相談一覧

分野

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
53,923
直近30日 相談数
1,642
直近30日 税理士回答数
2,765