[会社設立]みなし役員の判断について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. みなし役員の判断について

みなし役員の判断について

今回、私が代表取締役として会社を立ち上げる予定です。私は、他の会社で仕事をしているので、報酬は0円にします。株は私が100%保有します。

設立後、自分の父親を従業員として雇いたい思っています。
仕事内容は、部下の管理と顧客への営業活動などです。
仕事の成果や営業成績によって毎月の給料を変動制にしたいです。

ただ、みなし役員かどうかの判断ができないため、給与を決められずにいます。
この場合、父親はみなし役員に該当してしまいますか?

変動制といっても、他の従業員を大きく上回る給与は払うつもりはありませんが、この場合は、みなし役員に該当するかどうかに関わらず、定期同額給与にしたほうが良いのでしょうか?

税理士の回答

お父さんは、株を保有していませんので、みなし役員には該当しません。

ご返答ありがとうございます。
父親が経営に従事している場合は、みなし役員に該当しますか?

職制上使用人としての地位のみを有する者は、みなし役員には該当しません。お父さんは、みなし役員には、該当しないと考えます。

本投稿は、2019年05月16日 10時22分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,752
直近30日 相談数
1,075
直近30日 税理士回答数
2,124