[青色申告]経費の仕分けについて。 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 青色申告
  4. 経費の仕分けについて。

青色申告

 投稿

経費の仕分けについて。

個人事業主で、青色申告をする予定です。
今回初めて自分で確定申告をします。
仕分けの点で、質問です。
経費を個人のクレジットカードで支払い、
個人の口座から引き落としがある際に、
事業用の口座から引き落としをして、個人の口座にお金を入れています。
この場合、仕分けはどうしたらよいのでしょうか?
例:
⚫︎4月6日 クレジットカードで仕入れを払った
仕入れ¥2,295 /事業主借¥2,295

⚫︎6月10日 個人口座より引き落としあり、事業用口座から引き落とす。
事業主貸¥2,295/普通預金¥2,295

で、よいのでしょうか?

税理士の回答

こんにちは。
ご記載のケースですと、事業主が立替払いをしているといえますので、
(モノを買ったとき・サービスの提供を受けたとき)
仕入 2,295/事業主借 2,295
(プライベートのカードから引き落としがあったとき)
仕訳なし
(事業用の口座から立替分を引き出したとき)
事業主借 2,295/預金 2,295

のようになるかと思います。
つまり、プライベートからの立替を「事業主借」で計上しておき、事業用資金から引き出したとき(=プライベートに返してもらったとき)に当該「事業主借」を消すという感じです。
ちなみに、税務上、記帳はモノ・サービスの提供を受けたときに費用を認識する「発生主義」が原則ですので、モノ・サービスを売ったり買ったりしたときとお金を受け取ったり支払ったりしたときとを分けて記帳する必要があります。
(例)100円の消耗品を掛け(クレジットカード等)で買った。
(消耗品購入時)
消耗品費 100/未払金 100
(代金支払い時)
未払金 100/現金預金 100
という感じです。
プライベートのお金やカードで立て替えているときは冒頭の仕訳で大丈夫ですが、事業用のクレジットカードを作り、それで支払いをした場合や請求と支払のタイミングが異なる場合は未払金や買掛金勘定を使用することとなります。これは、売上についても同じことが言えます。
以上、ご参考までにお願いいたします。

早速にありがとうございます!
とてもわかりやすかったです。

すみません。一点、質問があります。

(プライベートのカードから引き落としがあったとき)
仕訳なし
(事業用の口座から立替分を引き出したとき)
事業主借 2,295/預金 2,295

↑の仕訳なしというのは、どういうことでしょうか? 記載しないということですか??

「仕訳なし」と記載しましたのは、その時点では何も記帳しないという意味です。
つまり、ご質問のケースですとプライベートのカードが決済された時点ではまだ事業用の資金に動きはないですよね?
よって、立て替えたプライベートの口座から引き落としがあった時点では特段記帳しないということです。
引き落としが事業用の口座からですと、引き落としがあった時点で預金のマイナスとします。
仕訳で示すと以下のようになります。
<引き落としが事業用口座の場合>
(消耗品購入時)
消耗品費100/未払金100
(口座から引き落としがあった時)
未払金100/預金100

つまり、プライベートで作ったカードでも引き落とし口座が事業用口座ですと初めから未払金(仕入の場合は買掛金)を使うということです。
もっとも、引き落とし口座を事業用口座にしているカードは事業用クレジットカードとも言えますが…。
以上、ご参考までにお願いいたします。

なるほど!分かりました!
クレジットカードも引き落とし口座もプライベートのものです。

ありがとうございます!

度々すみません。
前述のようなクレジットカードの引き落としが年をまたぐ場合はどうしたらよいのでしょうか?以下の形で問題ありませんか?


購入日)
11月16日 仕入れ ¥5000/事業主借 ¥5000
立て替え分を下ろした時)
1月10日 事業主借¥5000/普通預金 ¥5000

返信遅れてすみません。
事業主借が期末残高に残るのは問題ありません。
したがって、ご記載の記帳で結構かと思います。

本投稿は、2018年01月10日 11時28分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,098
直近30日 相談数
731
直近30日 税理士回答数
2,260

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら