[経理・決算]事業主借,事業主貸について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 事業主借,事業主貸について

事業主借,事業主貸について

はじめまして。

1)個人の現金100,000円を事業用資金にした
2)事業用資金から生活費として現金100,000円を使用した

これまでは,
1) 現金 100,000 / 事業主借 100,000
2) 事業主貸 100,000 / 現金 100,000
といった仕訳をしておりました。

ここで,2)の仕訳は1)の事業主借で事業用資金とした100,000円を返してもらうと意味合いもあるのではないかと思います。この考え方を元に2)の仕訳を
2’) 事業主借 100,000 / 現金 100,000
とすることはできないのでしょうか?

最終的にどちらの場合も損益計算書に関係するわけでもなく,貸借対照表でも同じ数字になると思うので問題ないと思うのですが。
また,2’)の仕訳で問題ない場合でも,余計なことはせずに1)2)と仕訳を行った方がいいのでしょうか?

皆様,ご多忙中と存じますが,よろしくお願いいたします。

税理士の回答

東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申します。

ご質問の通り、
事業主借/現金、とされても結構です。こちらもご質問の通り、いったん個人の現金を事業用の現金にして、その分を戻した、という意味合いになります。

もちろん、通常通り、
事業主貸/現金、とされても構いません。

以上よろしくお願い致します。

本投稿は、2017年02月09日 21時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,254
直近30日 相談数
1,013
直近30日 税理士回答数
1,897