[白色申告]白色事業専従者控除 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 白色申告
  4. 白色事業専従者控除

白色事業専従者控除

当方サラリーマンで、個人所有の不動産賃貸業を行っております。事業規模に達しているので青色申告しておりますが、不動産所得は100万円程度です。現在、専業主婦の妻を青色専従者とし、青色申告特別控除65万円と青色専従者給与48万円で、最終的には不動産所得を0円に調整しています。
ふと、白色申告に戻し、専従者控除を活用しても、同じく不動産所得を0円にできるのではと思い、その考えが正しいのか相談させていただきました。100万円÷(1+1)=50万円なので、配偶者の専従者控除額上限86万円以下に収まります。因みに、サラリーマンの給与所得は1000万円を超えているので、配偶者控除が今年度よりなくなりました。
複式簿記する必要もなく、白色申告の方が帳簿が簡単ですし、むしろ白色申告に戻した方がメリットがあるかと。いかがでしょうか?アドバイス頂けますと幸いでございます。

税理士の回答

配偶者の場合、事業専従者控除額は86万円ですので、ご質問者の場合、青色申告でも、白色申告でも、納税額は、あまり変わらないと思われます。

山中先生
早速のご回答ありがとうございました。追加の質問で恐縮ですが、白色事業専従者がいることの証明(あるいは手続き)、給与を支払っていることのエビデンス、給与額の妥当性について、検証されることはございますでしょうか?

白色事業専従者控除は、控除ですので、税法上の控除額が控除されます。
青色事業専従者給与は、給与となりますから、適正額等の判断をすることになります。

本投稿は、2018年09月17日 21時50分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 白色専従者控除について

    白色の個人事業主ですが、 専従者「控除」となっておりますが 実際支給していなくても妻で勤務してくれていれば 控除をうけれるのでしょうか?
    税理士回答数:  1
    2017年12月11日 投稿
  • 白色申告の専従者控除について

    現在私(夫)は自営業で白色申告をしていますが、20代の娘が仕事を手伝ってくれています。 自営業を始めた当初収入が少なく、娘は会社員の妻の扶養にしました。(現在...
    税理士回答数:  1
    2016年11月11日 投稿
  • 白色専従者控除について

    初めて確定申告します。主人の事業所得が約260万で妻の私のパート収入が65万あるんですが、専従者控除を受けるか配偶者控除にするか悩んでいます。 専従者控除...
    税理士回答数:  1
    2018年03月04日 投稿
  • 白色申告、事業専従者のバイトについて

    私の主人は自営業(電気工事士)をしており、毎年白色申告をしております。 私は現在事業専従者(事務仕事)の扱いになっており(確か)86万の控除を受けておりま...
    税理士回答数:  1
    2017年12月08日 投稿
  • 白色申告時の専従者控除

    白色申告時の専従者控除(配偶者86万円、それ以外の親族50万円)ですが、税務署への事前届け出は必要なのでしょうか? また、その他の親族とはどこまでが範囲なので...
    税理士回答数:  2
    2017年02月12日 投稿

白色申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,595
直近30日 相談数
1,224
直近30日 税理士回答数
2,253