白色申告、事業専従者のバイトについて - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 白色申告
  4. 白色申告、事業専従者のバイトについて

白色申告

 投稿

白色申告、事業専従者のバイトについて

私の主人は自営業(電気工事士)をしており、毎年白色申告をしております。

私は現在事業専従者(事務仕事)の扱いになっており(確か)86万の控除を受けております。

来年からアルバイトを始めたいのですが、主人が私を事業専従者扱いにしたい為バイトを反対しております。

事業専従者はアルバイトをしてはいけないのでしょうか?

青色と白色では違うらしいことは調べてわかりましたが、バイトを始めたら事業専従者では無くなるのでしょうか?

よろしくお願いいたしますm(._.)m

税理士の回答

東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申します。

専従者は、基本的にその事業に専従していることが条件です。したがって、基本的には副業を行うと、専従者控除が認められなくなります。

ただし、9時~5時は自営業の専従者、5時~8時まではパート、などと、明確に区分されていれば、認められることもあろうかと存じます。
(9時~5時の間にアルバイトですと難しいものと思われます)

または、事業の状況によっては思い切って専従者から外れて、扶養の範囲で働く方が良いかもしれません。

一度、ご家庭で話し合ってみてはいかがでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

本投稿は、2017年12月08日 09時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
17,657
直近30日 相談数
809
直近30日 税理士回答数
1,330