税理士ドットコム - [配偶者控除]特別扶養控除の所得見積り額について - 税金の扶養は、所得が38万円以下は、扶養親族に該...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 特別扶養控除の所得見積り額について

配偶者控除

 投稿

特別扶養控除の所得見積り額について

個人で飲食店をしています。
妻(会社員)の扶養控除申請の見積り額の欄で、書く金額が分からない為、
質問させてください。

毎年、
確定申告の経常利益を記入していましたが

昨年妻の会社の経理の方より
売上から仕入れを引いた粗利を記入してくださいと言われ追徴課税がきました。

おかしいと思い、他の方に相談すると
どちらの意見もあり悩んでいます。

経常利益と粗利のどちらを書くべきなんでしょうか?
他の勘定科目であれば教えてください

また、昨年の追徴課税は修正申告できますか?

税理士の回答

税金の扶養は、所得が38万円以下は、扶養親族に該当します。
所得とは、収入―必要経費=所得金額になります。
社会保険の扶養は、年収が130万円未満は、扶養になります。
収入―仕入等、健康保険組合で認める経費=130万円未満は扶養になります。
基準を混同されていると思います。
又、税金の修正は、過去5年間はできます。

本投稿は、2018年12月07日 01時46分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
19,521
直近30日 相談数
909
直近30日 税理士回答数
1,472