[配偶者控除]妻の扶養状況の判断について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 妻の扶養状況の判断について

妻の扶養状況の判断について

今年妻は2つの会社でパート勤めしました。(同時ではありません)
2社目は時給が高く、通年勤務すると扶養範囲を超えるほどなので、会社からも要請があり、その会社の健康保険等にも加入しました。
ところが、諸事情によりその会社も退社することになりました。
結果的に今年度の妻の収入状況は以下のとおりです。(源泉徴収票より)
1社目、支払金額:約57万円、社会保険料等の額:なし、源泉徴収額:なし
2社目、支払金額:約51万円、社会保険料等の額:約9万円、源泉徴収額:約3千円

1.妻の今年度の所得額は、57万+51万-65万=43万円
所得から差し引かれる金額は、9万+38万=47万となり、所得-差引額がマイナスになるので非課税と理解しましたが正しいでしょうか?
(源泉徴収額は確定申告で還付されると思っています。)

2.上述のように、妻の所得額は43万となり、38万円を超えてしまいます。
私にとっては、1が正しい場合非課税なので配偶者控除対象者と考えて良いのでしょうか?
それとも、所得が38万円を超えているので、配偶者特別控除対象者になるのでしょうか?

以上、アドバイスを頂ければありがたいです。よろしくお願いいたします。

税理士の回答

1.その様に計算されて良いと考えます。
2.課税所得ではなく、所得控除前の所得金額で判断します。
配偶者控除ではなく、配偶者控除特別の適用になります。

本投稿は、2018年12月22日 12時29分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,595
直近30日 相談数
1,224
直近30日 税理士回答数
2,253