税理士ドットコム - [配偶者控除]配偶者特別控除を受けながら、2社で掛け持ちパートをしたい。 - 配偶者控除も配偶者特別控除も申告対象年度の12月3...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 配偶者特別控除を受けながら、2社で掛け持ちパートをしたい。

配偶者特別控除を受けながら、2社で掛け持ちパートをしたい。

7月に入籍して旦那の扶養に入りたいと考えております。103万までの配偶者控除にするか、130万までの配偶者特別控除にするか迷っています。
この申告は、扶養に入る際にどちらにするか決めなければいけないものなのでしょうか?

また現在、派遣会社を2社掛け持ちで働いており、乙の方の会社で引かれている所得税を確定申告する予定でいますが、このような事は、
(旦那の扶養に入りながら2社で掛け持ちで働き、乙の方を確定申告すること)
旦那の扶養に入りながらでもできるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

税理士の回答

配偶者控除も配偶者特別控除も申告対象年度の12月31日の現況により決定されることとなります。2社から給与を受けている場合は、原則として2社からの給与を合算して確定申告を行うこととなります。しかし、給与額と他の所得額によっては確定申告が不要となる場合があります。配偶者控除、配偶者特別控除に該当する場合には、確定申告が不要となるケースにあてはまることが多いと思います。御所主人がこの控除を適用出来るようですと確定申告が不要となるとケースと思われます。

ご回答ありがとうございます。
今年度の年収を103万以内におさめた場合、多く引かれている所得税は(特に乙の会社の方がたくさん引かれてます)確定申告をしないでも、旦那の扶養に入ればそこで調整されるということでしょうか?

それと、今年7月に入籍しても、今年1月から~12月の年収で103万以内にしないと扶養には入れないと言うことですか?
よろしくお願いします。

あなたが確定申告をされないと源泉徴収された所得税は還付されません。ご主人の扶養に入って調整されるのは、ご主人の所得税がその分安くなるだけです。もしあなたの収入が2カ所からの給与のみで給与合計額が103万円以下なら確定申告して還付を受けて、ご主人もあなたの配偶者控除を受けるのがお得ですね。(これは所得税のみの話です。)後段のご質問ですが、1月から12月の年収になります。

本投稿は、2016年04月16日 15時01分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,325
直近30日 相談数
985
直近30日 税理士回答数
1,861