税理士ドットコム - [配偶者控除]控除対象配偶者の有無等の間違い - 平成30年分からは配偶者特別控除が改正され、奥様...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 控除対象配偶者の有無等の間違い

控除対象配偶者の有無等の間違い

主人が平成30年源泉徴収票を貰ってきました。控除対象配偶者の有の欄に丸が記載されていませんでした。確認したところ配偶者の合計所得金額が45万となっています。年末調整の時に計算間違いをしてしまい正しくは所得金額35万です。主人の会社に再年末調整してもらわないと虚偽の申告になるのでしょうか?配偶者控除の額は38万と記載されています。

税理士の回答

平成30年分からは配偶者特別控除が改正され、奥様の所得金額が85万円以下で御主人の所得金額が900万円以下の場合には、配偶者特別控除が38万円適用できるようになりました。
結果的に控除金額は正しく計算されているようですので、虚偽の申告にはならないと思います。

補足させていただきます。
奥様の所得金額が45万円となっていたことによって、ご主人の手当等(例えば家族手当など)に支障をきたす場合には、奥様の正しい所得金額を会社に伝えたほうが宜しいと思います。

早くて丁寧な対応ありがとうございます。主人の会社に伝えます。控除金額も正しく虚偽の申告にならないと聞き凄く安心しました。そうすると主人の会社で再調整のお願いはしなくても良いのでしょうか?税務署から私の所得金額が実際は35万なのに45万と記載されてるから訂正するように通知がきたりしないのですか?結婚して初めての税に関する書類なのでわからない事が多くて重複してる質問なら申し訳ありません。

ご連絡ありがとうございます。
奥様の所得金額が35万円であることを証明するもの(源泉徴収票など)はお持ちでしょうか。
それが有れば、万一税務署から問い合わせ等があったとしても事実を説明することで問題解決できますので心配ないと考えます。

素早い回答本当にありがとうございます。源泉徴収票あるので保管しておきます。今回私が計算間違いをしてしまい主人の会社と税務署に迷惑をかけてしまって、主人と親から凄く叱られました。今年の年末調整の時は間違わずにします。本当にありがとうございました。

本投稿は、2019年01月17日 09時41分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,606
直近30日 相談数
1,207
直近30日 税理士回答数
2,439