離婚後の配偶者控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 離婚後の配偶者控除について

離婚後の配偶者控除について

知り合いが、会社へ離婚した報告をせず、
給料明細には扶養者1となったままになっています。
離婚して1年が経ちますが、今から申請するとどうなりますか。

また、このまま申請しないとどうなるか教えてください。

税理士の回答

配偶者控除、扶養控除等の適用間違いは、税務署からの問い合わせがあると思います。
速やかに、修正申告書をされたら良いと思います。

この場合には昨年の年末調整のやり直しをすることになると思います。そして再度、扶養控除等申告書を提出してもらうことになります。何もしないままにしておくと税務署から確認の連絡が来る可能性があります。

いくら返納しなければいけない、
どんなリスクがあるかを知り合いに伝えたいです。

配偶者控除は、所得税は38万円、住民税は33万円です。
住民税は、10%の定率です。
所得税は、5%からの累進税率です。

山中先生
コメントありがとうございます。
その金額を返納する必要があるということでしょうか?

本投稿は、2019年07月12日 10時09分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,774
直近30日 相談数
1,175
直近30日 税理士回答数
2,391