2018年からの配偶者控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 2018年からの配偶者控除について

2018年からの配偶者控除について

配偶者控除の改正について教えてください。
現在私は正社員として働いており、夫(いわゆる一人親方で、課税所得は130万円未満です)を保険制度上の扶養家族としております。
今まで、夫は税法上の扶養になれない白色申告者ということで配偶者控除は諦めていましたが、2018年から扶養控除要件が変更になったというニュースを見ました。
今後私は夫を扶養配偶者にして、扶養控除をうけることができるようになるのでしょうか?
それとも、白色申告者は改正後も対象外なのでしょうか?
確定申告自体がよくわかっていないこともあって、内容が理解できず困っております。
よろしくお願いします。

税理士の回答

こんにちは。
平成30年からは配偶者の合計所得金額が85万円以下の場合に配偶者控除が適用できることとなりました。
お問い合わせのケースでは「課税所得が130万円未満」とありますので、ご主人の事業所得(収入金額-必要経費)が130万円未満ということなのかなと思います。
この場合、上述のとおり、ご主人の事業所得(収入金額―必要経費)が85万円以下でないと平成30年分の確定申告においても配偶者控除は適用できません。
よく103万円から150万円に変わるといわれているのは、給与所得者(パートなど)の場合で収入金額が103万円から150万円に変わるということです。
給与所得の場合は少なくとも65万円は収入金額から給与所得控除額を差し引いて課税所得を計算しますので、今回の改正は合計課税所得金額が38万円以下から85万円以下のなるよということです(平成29年まで103万円-65万円=38万円、平成30年から150万円―65万円=85万円、いずれも給与所得控除額控除後の金額です)。
ただし、ご主人の所得が事業所得のみの場合、収入金額―必要経費が85万円を超えても123万円までは、配偶者特別控除が適用できますので、配偶者控除の38万円の所得控除よりは少なくなりますが、いくらか控除を受けることはできるかと思います。
なお、健康保険の扶養親族についての変更はありません。
以上、奥様の合計所得金額が900万円以下を前提に記載しました。
ご参考までにお願いいたします。

ご回答いただきましてありがとうございます。
私の年収(※昨年末に勤務先から受け取った源泉徴収票の所得欄の金額)は約400万円で、夫の確定申告書類に記載された昨年の事業所得(※事業所得以外の収入はありません)は、約128万円でした。
お示しいただいた回答によれば、事業所得(収入金額-必要経費)が123万円を超える場合は配偶者控除(特別控除を含む)は受けられないとのことなので、残念ですが、改正の恩恵を受けることはできなさそうですね。
また何か質問した際は、どうぞよろしくお願いいたします。

本投稿は、2018年03月13日 09時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,196
直近30日 税理士回答数
2,092