税理士ドットコム - [扶養控除]学生アルバイト103万円超えた場合 - 1.ご相談者様の年収が103万円を超えますと、親の扶...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 学生アルバイト103万円超えた場合

学生アルバイト103万円超えた場合

19歳の学生です。現在掛け持ちでバイトをしています。今年103万円超えてしまいそうです。超えた場合どうなりますか?後、母子家庭で親の年収は260万円くらいだと思います。親の負担はどのくらいになりますか?

税理士の回答

1.ご相談者様の年収が103万円を超えますと、親の扶養から外れ、税金の納付が出ます。そして、親は特定扶養控除(所得税63万円、住民税45万円)を受けられなくなり税負担が増えます。
2.親の税負担増
①所得税 特定扶養控除額63万円x5%=31,500円
②住民税 特定扶養控除額45万円x10%=45,000円
3.ご相談者様が勤労学生控除27万円を受けた場合は、所得税は非課税になります。年収が130万円以下であれば、勤労学生控除は受けられます。

ありがとうございます。もう一つ質問があります。交通費は含まれますか?

所得税の扶養判定の年収には、交通費は含まれません。

ありがとうございます。給料明細書に課税交通費と非課税交通費の枠があり、非課税方になっています。

通勤手当は、1月あたり150,000円までは非課税になります。

わかりました!!
103万円を超えたら、確定申告をしないといけないんですか?

ご相談者様の場合は、アルバイトを掛け持ちされていますので確定申告が必要になると思います。1か所目のバイト先には扶養控除等申告書(1か所しか出せない)を提出していると思いますので、所得税は甲蘭で控除されていると思います。しかし、2か所目のバイト先には、扶養控除等申告書が出せないため乙蘭(高い所得税)で所得税が控除されていると思います。従いまして、確定申告で所得の精算(還付?)をする必要があると思います。

本投稿は、2019年09月12日 12時26分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
31,171
直近30日 相談数
1,168
直近30日 税理士回答数
1,967