税理士ドットコム - [扶養控除]UberEats収入による扶養、税金について - 1.相談者様の場合は、以下の様に合計所得金額が38...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. UberEats収入による扶養、税金について

UberEats収入による扶養、税金について

現在大学生で飲食店のアルバイトとUberEatsの配達員をしています。
私の勝手な解釈でアルバイトとUberEatsの合計収入が103万円以下なら親の扶養から外れないと思っていたのですが、UberEatsの方の収入は個人事業主で38万円を超えると親の扶養から外れるということを耳にしました。
私は現在飲食店のアルバイトで40万円、UberEatsで51万円稼いでいます。

このケースの場合
①親の扶養から外れてしまうのか
②外れた場合自分が払うべき所得税と住民税はいくらなのか
③勤労学生控除は利用できるのか

この三点について教えて頂きたいです。

税理士の回答

1.相談者様の場合は、以下の様に合計所得金額が38万円を超えますと、親の扶養から外れ、親は特定扶養控除(所得税63万円、住民税45万円)を受けられなくなり税負担が増えます。また、確定申告が必要になります。
(1)給与所得
収入金額40万円-給与所得控除額65万円=給与所得金額0
(2)雑所得(Uber Eats)
収入金額51万円-経費=雑所得金額51万円
経費は分からないため0とします。
(3)合計所得金額51万円
2.仮に合計所得金額が51万円であれば、税金の計算は以下のようになります。
(1)所得税
51万円-基礎控除額38万円=課税所得金額13万円
13万円x5%=6,500円
6,500円+136円(復興税2.1%)=所得税額6,600円(百円未満切捨て)
(2)住民税
51万円-基礎控除額33万円=課税所得金額18万円
18万円x10%=18,000円(所得割)
18,000円(所得割)+5,000円(均等割)=住民税額23,000円
3.勤労学生控除は、相談者様の合計所得金額が65万円以下であれば受けられます。

丁寧なご回答ありがとうございます。
もう一点質問があるのですが、勤労学生控除の要件にある、
「勤労に基づく所得以外の所得が10万円以下であること」
この要件はUberEatsの所得は含まれない、という解釈でよろしいのでしょうか。

勤労に基づく所得以外の所得とは、利子、配当、不動産、譲渡所得のように勤労に基づかない、いわゆる不労所得を言います。従いまして、Uber Eatsは事業、又は雑所得ですのでその中には含まれません。

本投稿は、2019年10月10日 12時11分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,239
直近30日 相談数
1,312
直近30日 税理士回答数
2,236