税理士ドットコム - [扶養控除]学生のバイト代が103万円超えたら - 1.相談者様の年収が103万円を超えると、親の扶養内...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 学生のバイト代が103万円超えたら
Amazonギフト券 5000円分 プレゼントキャンペーン実施中!

学生のバイト代が103万円超えたら

私は21歳大学生で、母子家庭なのですが、アルバイト代が103万円を超過しています。

私は勤労学生ということで申請すれば130万まで税金がかかりませんが、親の所得税と住民税が控除されなくなってしまいます。
親の年収が500万程度なので税率は20%だと仮定すると、年末調整の際に17万円ほど追加で税金を払うことになると思います。さらに(家族手当や)寡婦控除なども変わってくるとおもうので、親には20万円ほど払おうと思っています。

それか、今猶予されている国民年金を一括で払うことで、それを親に申告してもらって控除額を増やすことはできますか?

単に20万円渡すよりは、国民年金も払ってその分全額控除してもらうほうが一石二鳥だと思うのですが、いかがでしょうか。

よろしくお願いします。

税理士の回答

1.相談者様の年収が103万円を超えると、親の扶養内から外れ、親は扶養控除(所得税38万円、住民税33万円)を受けられなくなり税負担が増えます。
2.親の税負担増
(1)所得税 扶養控除額38万円x10%=38,000円
(2)住民税 扶養控除額33万円x10%=33,000円
3.親が国民年金の控除を受けるためには、実際に親が国民年金の支払をする必要があります。そして、社会保険料控除額は、その国民年金保険料x税率 になります。

早速の回答ありがとうございます!
国民年金の控除額についても税率をかけて計算するのですね。
具体的に年収が560万、21歳、母子家庭なのですが、控除額はいくら程変わりますか?
扶養控除(所得税と住民税)、寡婦控除などの合計額が具体的に知りたいです。

回答が正しくなかったったため訂正させていただきます。
1.扶養控除については、相談者様が21歳ですので、親は特定扶養控除(所得税63万円、住民税45万円)を受けられなくなります。親の税負担は、以下の様になります。
(1)所得税 特定扶養控除額63万円x10%=63,000円
(2)住民税 特定扶養控除額45万円x10%=45,000円
2.社会保険料(国民年金)については、保険料が控除額になります。税率を掛けた金額は減額される税額になります。
3.相談者様が扶養を外れると、無くなる控除額は以下の様になります。
(1)所得税
特定扶養控除額63万円、寡婦控除額(特別)35万円
(2)住民税
特定扶養控除額45万円、寡婦控除額(特別)30万円

所得税扶養控除にかける税率は年収から考えると20%じゃないのですか?
あと、寡婦控除にも税率をかけて計算するのですか?

年収が560万円であれば、給与所得控除額156万円、社会保険料控除、基礎控除等の所得控除を引いた課税所得金額は、330万円以下になると思われます。そのため、税率は10%になると思います。また、寡婦控除についても増加する税額は税率をかけて計算します。

本投稿は、2020年11月21日 16時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

扶養控除に関する相談一覧

分野

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
54,143
直近30日 相談数
1,619
直近30日 税理士回答数
2,718