準確定申告の医療費控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 医療費控除
  4. 準確定申告の医療費控除について

準確定申告の医療費控除について

入院していて 死亡後に後日家族が払った分は故人の控除計算に
ならないのは分かりますが、死亡当日の死亡時刻の前に
(病院に病状が悪くなったので行った)
支払った分については故人の控除の計算に入れて良いのでしょうか?
領収印は死亡日になっています。
(支払ったのは死亡時刻の4~5時間前です)
宜しく御願い致します。

税理士の回答

年の途中で死亡した場合の医療費控除につきましては、死亡の日までに支払った医療費が対象となります。ですので、死亡当日の死亡直前の医療費も含めて問題ありません。(所得税法基本通達124・125-4)

本投稿は、2014年06月16日 18時00分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

医療費控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,214
直近30日 相談数
989
直近30日 税理士回答数
1,868