税理士ドットコム - 不動産売買をしたのですが、確定申告の必要性と節税対策 - 不動産を売却すると、登記簿謄本が、税務署に行き...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 不動産売買をしたのですが、確定申告の必要性と節税対策

不動産売買をしたのですが、確定申告の必要性と節税対策

長年サラリーマンだったので確定申告の経験はほぼなく、下記の様な状況時に法律上確定申告をしなければならないのか?、又は確定申告をすれば節税対策になるのか? アドバイスを頂けると助かります。
本年3月末に退職し現在は失業手当を受給しながら来年1月~3月までには再度サラリーンマンに成れる様に職探し中です。又、秋には実家近くに中古の土地と建物を居住の為に購入し、来年早々には新築で購入し現在16年住む自宅を売却予定です。

税理士の回答

不動産を売却すると、登記簿謄本が、税務署に行きます。
ので、利益なのか損なのか?が、わかりませんが・・・
売却の翌年3/15までには、申告をしたほうが良いと考えます。
売買の書類を税務署に持っていき、教えていただけます。

ありがとうございました。
回答からいくと法律上の義務ではなく、節税の為には確定申告したほうが良いと理解しました。居住用住宅の3000万控除、又は買い替えの特例などどちらで確定申告をした方が節税になるのかを更に検討してまいります。

本投稿は、2022年09月22日 14時30分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
89,300
直近30日 相談数
1,474
直近30日 税理士回答数
2,673