税理士ドットコム - 今年の3月から個人事業主になります、確定申告についてわからないことがあります。 - 3月から個人事業主として事業をスタートされたこと...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 今年の3月から個人事業主になります、確定申告についてわからないことがあります。

今年の3月から個人事業主になります、確定申告についてわからないことがあります。

今年の2月まで正社員で企業に務めてましたが、2月いっぱいで退職しました。
3月から正社員で務めてた企業に個人事業主として業務を行う事になりました。

私自信、個人事業主が初めてで、よくわからないまま今月に3月の給料で企業側からの入金を確認した際に、こちから提示した額を各税金等の引かれ物がない丸々の状態で、入金されている事を確認しました。

3月分が19万、4月以降は28万~31万程、毎月企業側から支払われる流れになると思います。※支払われる額に数千円の誤差が生じる為に万単位で表してます。

その為、Webサイトで色々と、確定申告に関して確認したり、アプリを見たのですが、さっぱり理解できず、、2ヶ月が過ぎようとしてます、、、

私自信、確定申告対象者なのか、または、対象者としまして確定申告の種類も様々あるみたいで、非常に困惑しております。

参考程度に私の現状を下記に記載します
●現在24歳です(来年25歳になります。)
●個人事業主は今年の3月から
●誰かの扶養には入ってません
●収入源は該当の企業のみです
●住民票は実家になります。
→実家住まい

意図して脱税するならする人は悪いですが、意図せず脱税してしまうのは非常に不甲斐ないので、上記の点に関して、ご教示頂きたいです。

また、企業側から失業手当に関する書類も頂いてますが。、今務めている場合は出していいものなのかも疑問に思います。

また、今後、バイナリーオプションをした場合に収入が発生した際の申告手続きに関しても知っておきたいです。

無知でお恥ずかいですが、よろしくお願いします、

税理士の回答

3月から個人事業主として事業をスタートされたことを前提に回答いたしますので、ご了承ください。

まず、お住まいの所轄税務署に「個人事業の開業届出」と「青色申告承認申請書」を提出します。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

そして、3月以降の収入・経費をすべて記録し、支払いに関する請求書や領収書もすべて整理し保存します。
12月末でその年分の事業所得の決算となりますので、収入・経費を集計し、青色申告決算書を作成します。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/yoshiki/01/shinkokusho/pdf/h28/10.pdf

青色申告を選択する場合には、期限内(翌年2/16~3/15)に確定申告書を作成して提出する必要がありますのでご留意ください。
申告書の用紙は「申告書B」になります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kisairei2017/index.htm

以上がスタートから申告までの流れになります。

また、個人事業を開始した場合には失業手当を受け取ることは出来ませんので、お手元の書類はそのままで宜しいと思います。

御回答ありがとうございます!
仮に上記の金額を頂いた場合、経費がかからないとしまして、どのくらいの納税額になりますでしょうか!?
納税破綻だけは避けたいです、、

ご連絡ありがとうございます。
経費がゼロというのもいかがかと思いますが、仰る通り、収入金額を上記金額(3月分が19万円、4月以降が月平均30万円)、経費をゼロ、社会保険料を30万円と仮定し、事業所得の青色申告を前提とした場合、予想される税金は次のようになります。
① 事業所得:(19万+30万×9ヶ月)‐65万=224万 (65万円は青色申告特別控除)
② 課税所得:①‐(30万+38万)=156万
③ 所得税住民税等:②×15.105%≒23万円
あくまでも仮定のうえでの概算ですのでご了承ください。

そうですね、、、経費が0は確かに無いですね、、この時期になりまして、税金関係の処理の必要さに気づいてしまいまして(><)今までの経費で落とせたものの領収書が、無いんです、、

後ですね、個人事業の開業届出の期限が2ヶ月となる様なのですが、申請できる日付が5月としますと、青色申告承認申請書の申請は間に合いますでしょうか!?

個人事業の開業届出は遅れて提出しても罰則規定はありませんので大丈夫です。
しかし、青色申告の承認申請書は開業日から2ヶ月以内に提出しなければなりませんので、両方を速やかに提出するようにしてください。(2つの書類を同時に提出して大丈夫です。)

なお、青色申告を選択される場合には、記帳処理と書類の保存が義務になりますのでご留意ください。
宜しくお願いします。

本投稿は、2018年04月28日 14時00分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,157
直近30日 相談数
1,156
直近30日 税理士回答数
2,284