税理士ドットコム - フリーランスからの会社員になった際の確定申告について - フリーランスは、雑所得になると考えます。雑所得...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. フリーランスからの会社員になった際の確定申告について

確定申告

 投稿

フリーランスからの会社員になった際の確定申告について

昨年の9月に大学を卒業後、半年間程、フリーランスのお仕事をしていたのですが、収入が厳しくなり、6月に就職しました。

そしtr、この度、会社からフリーランスとしてお仕事していた場合はその年の確定申告は会社では対応できないとの指示を受け、源泉源泉徴収票が出来次第、こちらで合わせて対応をして欲しいとのことなのですが、あまり確定申告などの理解を出来ていない為、どのように対応したら良いのでしょうか?

具体的な質問ではなく申し訳ありません。

税理士の回答

フリーランスは、雑所得になると考えます。
雑所得は、収入―必要経費=雑所得の金額となります。
源泉徴収票と雑所得を合算して、確定申告する事になります。

東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申します。

フリーランス時代の収入は、事業所得、会社員になった後の収入は、給与所得となります。

会社では、給与所得については、12月に年末調整をしてくれますので、精算することができますが、フリーランス時代の事業所得については、来年3月15日までに、給与所得と合わせて確定申告をする必要があります。

確定申告は、会社は関係なく、ご自分あるいは税理士に依頼して作業をすることになります。

以上よろしくお願い致します。

本投稿は、2018年11月09日 12時02分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
18,605
直近30日 相談数
979
直近30日 税理士回答数
1,568