[確定申告]長期譲渡所得計算について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 長期譲渡所得計算について

長期譲渡所得計算について

年金生活者です。
この度相続した農地を太陽光発電事業者に売却する事にしたました。
売却価格期約150万です。取得価格はわかりません。
税金の事が心配です。どのくらいの納税額になるでしょうか?

税理士の回答

取得価額が不明な場合には収入金額の5%を概算取得費として控除します。
譲渡費用を仲介手数料(売買価格の3%と仮定)のみとして計算すると次のようになります。
①収入金額:150万円
②取得費:①×5%=7.5万円
③譲渡費用:①×3%=4.5万円
④譲渡所得:①-②-③=138万円
⑤所得税住民税:138万円×20.315%=約28万円

確定申告すれば、譲渡所得は他の控除金額があるので課税所得は下がりますか?

所得控除は、先ずは総合課税の所得から控除します。
そして、総合課税から引ききれない所得控除がある場合には、分離課税の譲渡所得から控除することができます。
その場合には譲渡所得の金額が少なくなり税額も減少します。

本投稿は、2019年09月17日 19時39分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,350
直近30日 相談数
1,266
直近30日 税理士回答数
2,188