土地の売却、購入による確定申告の必要性 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 土地の売却、購入による確定申告の必要性

確定申告

 投稿

土地の売却、購入による確定申告の必要性

約30年前に3000万円で土地付一軒家をAが2/3名義で、娘Bが1/3名義にて購入しました。(実質は100%A所有)
昨年3500万円で売却、そこで、500万の差益がでましたが
ほぼ同時に、他の土地(甲)を1700万円で買い
その土地上に今年2000万円にて家を建てる予定です。
この場合、売却による利益がないということで確定申告をしなくても大丈夫でしょうか?
また、甲土地はA名義ですが
その土地上の建物にはBの名義も入れておいたほうがいい場合などありますでしょうか?
よろしくご教示のほどお願い致します。

税理士の回答

従来の一軒家がAさんBさんの自宅という前提で回答します。
500万円の差益が出るということですから、確定申告は必要になります。但し、居住用財産の譲渡の特別控除(3000万円)が使えれば、結果的に税金はゼロとなります。しかし、その場合でも特例を使う旨の確定申告は必要になります。
新居にBさんの名義を入れるかどうかは、資金負担の状況に合わせて登記すべきです。土地がAさんBさんの共有であれば、建物も二人の名義を入れた方が、将来譲渡した場合にメリットがありますが、土地がAさん単独であれば、建物の名義で差が出るというケースはあまりないと思われます。

服部 先生
ご教示ありがとうございます。
仮にですが、売却が1500万の場合、差益はでないということで申告をしなくても大丈夫なのでしょうか?



ご質問ありがとうございます。明らかに「譲渡損」の場合には、申告の必要はありませんが、税務署から後日お尋ねがあるかもしれませんので、その場合には譲渡損である旨を回答していただければ大丈夫です。
但し、建物につきましては購入時の価額ではなく、経過年数分の「減価償却費」が減額されますので、それも考慮にいれて差益を確認する必要があります。ご注意ください。

本投稿は、2014年06月16日 18時00分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,098
直近30日 相談数
731
直近30日 税理士回答数
2,260

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら