税理士ドットコム - [確定申告]給与所得者が副収入を得たときの手続きについて - 私の分かる範囲で記載させて頂きます参考になれば...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 給与所得者が副収入を得たときの手続きについて

確定申告

 投稿

給与所得者が副収入を得たときの手続きについて

現在、パート従業員をしており、年収100万円程度の収入を得ております。
パートを続けながら書道教室を開こうと考えております。
以下の通り、何点か質問致します。

①書道教室での所得は事業所得と雑所得どちらになるのでしょうか?

②書道教室での所得が20万円以下の場合は税務署への申告はしなくもよいとの見解で正しいでしょうか?

③書道教室の所得が何万円以下の場合に市町村への届け出が不要になるのでしょうか?

④書道教室の所得が仮に20万円を超えた場合、給与所得との合計をして申告しなくてはいけないのでしょうか?
 
⑤会社側で給与所得分の申告をし、自分で事業所得分の申告をする(別々にする)ではいけないのでしょうか?

⑥仮に事業所得と給与所得を合計する必要があると考える場合、会社で年末調整してもらった書類をもらって、合算して申告するような手続きをしなくてはいけないのでしょうか?

知識が不足しているため、分かりづらい文であるとは思いますが、ご回答の程よろしくお願い致します。

税理士の回答



私の分かる範囲で記載させて頂きます
参考になれば幸いです

Q> ①書道教室での所得は事業所得と雑所得どちらになるのでしょうか?

A 教室を開設していることから考えると事業所得と考えます。

②書道教室での所得が20万円以下の場合は税務署への申告はしなくもよいとの見解で正しいでしょうか?


A 貴方の認識の通りです。

Q> ③書道教室の所得が何万円以下の場合に市町村への届け出が不要になるのでしょうか?

A 住民税については、所得税の様な特例はありませんので、金額にかかわらず確定申告が必要となります。

Q> ④書道教室の所得が仮に20万円を超えた場合、給与所得との合計をして申告しなくてはいけないのでしょうか?

A その通りです。
 
⑤会社側で給与所得分の申告をし、自分で事業所得分の申告をする(別々にする)ではいけないのでしょうか?


A それはできません、所得税の計算はその方のすべての所得について計算する必要があります。

⑥仮に事業所得と給与所得を合計する必要があると考える場合、会社で年末調整してもらった書類をもらって、合算して申告するような手続きをしなくてはいけないのでしょうか?


A その通り。源泉徴収票の添付が必要です。

尚、質問の理解が間違っていましたらご容赦ください。
では、参考までに

岡谷先生

お忙しい中ご回答頂きありがとうございました。

①現在または年内に勤務していた勤務先から12月または1月に支給される源泉徴収票を添付して、事業所得と合算し2/15から3/15の期間に近くの税務署に申告するとの流れでよろしいでしょうか。

②この際、市町村へは税務署から申告内容が送付され、次年度に前年度所得に対する住民税の税額が徴収される認識でよろしいでしょうか。

よろしくお願い致します。

貴方の認識の通りです。

尚、住民税については特別徴収(給与天引)と普通徴収があります。
詳しくは、お住いの市区町村でご確認ください。

本投稿は、2017年03月16日 22時47分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
12,844
直近30日 相談数
634
直近30日 税理士回答数
1,347

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング